« ケラスのバッハ | トップページ | シンガポール »

2009年4月14日 (火)

旅行の準備

一人で楽器と荷物を持って遠くの国へ長期間出かけるような昂揚や緊張はないけれど、それなりに準備をしている。ソウルとシンガポールはかなり気温差があるらしい。

今朝になって、僕の携帯電話が外国では使えないことがわかった。
外国にいる時くらい携帯から離れたっていいのだが、今回はなんとなく身につけていた方がいい感じがして、でもこのために機種を新しくするのも馬鹿げているので、結局レンタルすることにした。

「ノルウェイの森」を読んでいてすごくおもしろかったことの一つに、携帯電話が当時存在しなかったことがある。付き合っている者どうしが手紙を書いたり、寮の電話にかかってくるのを待っていたり、相手の家に電話をかけたら家の人が出たり。
携帯の出現で何かが決定的に変わってしまった。今やほとんどの人が自分専用の高性能な電話機を持ち、始終いじくっている。何もなかったところに生活を変えてしまう巨大な産業が出現したのだ。

« ケラスのバッハ | トップページ | シンガポール »