« 旅行中に考えたこと | トップページ | さらうこと »

2009年5月 1日 (金)

ラ・フォル・ジュルネ

今年もラ・フォル・ジュルネが始まった。今日は「前夜祭」だった。
都響が演奏するのはストコフスキー編曲のトッカータとフーガ、齋藤秀雄編曲シャコンヌなど、今風ではないもの担当のようだ。

昨日同僚が発熱した。
幸いインフルエンザではなかったけれど、もし新型の疑いがあったらリハーサルに出ていた全員が隔離されて検査を受けることになったのだろうか、そうすると都響の演奏会も成立しなくなるのだろうか、などいろいろ考えをめぐらせた。我々も最近帰国したばかりだ。
今世間を騒がせている豚インフルエンザではなく、流行が懸念される毒性の強い鳥インフルエンザがどのくらい人間にとって脅威なのか、きちんと政府が情報を行き渡らせるべきではないのかと僕は思う。

Photo

« 旅行中に考えたこと | トップページ | さらうこと »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)
  • (2017.02.27)