« 古賀さんの | トップページ | ペレーニのドヴォルザーク »

2009年5月23日 (土)

「わが祖国」

スメタナの「わが祖国」はオーケストラのレパートリーの中で最もきつい、つまり肉体的な負担が大きい曲の中の一つだと思う。ひらたく言えばひたすら弾きまくってくたくたになってしまう、ということだ。
今日のリハーサルの後、木管楽器の人に「わが祖国は管楽器もきついの?」と聞いたら、「えっ!弦楽器もきついんですか?」と言われてしまった。

ハープの霊感あふれるテーマで始まるヴィシェフラードは大好きだ。2曲目の有名なモルダウは実はそれだけでも十分大変だし、続く3曲目のシャールカ、後半の戦いの場面ですでに盛り上がってかなり弾いてしまう。その後4、5、6曲と容赦なくたたみ込んでくる。
5曲目のターボルの真ん中でひたすら弾きまくる部分は、例えると自転車で坂を登っていてすでに足はぱんぱんになっていてどうにも動かなくなってきているのに、峠はまだずっと上でしにものぐるいでもがく感じ。そして6曲目、最後のブラニックにはどうしても続けて入ってしまうから、その頃には肉体は疲弊して売り切れていて、ただ勢いだけを頼りに・・・。

小林研一郎と「わが祖国」、なんてものすごくベタな組み合わせのような気がしていた。でも楽しい演奏会になりそうだ。
「わが祖国」は本当に大変だけれど、オーケストラを弾く醍醐味、オーケストラで弾く醍醐味にあふれていると思う。

« 古賀さんの | トップページ | ペレーニのドヴォルザーク »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.10.19)
  • (2017.10.04)
  • (2017.08.21)
  • (2017.08.25)
  • (2017.07.11)