« 5月の芦ノ湖 その2 | トップページ | 古賀さんの »

2009年5月21日 (木)

効き目の少ないミュート

プーランクのフランス組曲を弾く時にミュートを使うのだけれど、持っているミュート(写真右)では効果が大きすぎると思っていた。
また北口君が教えてくれた。BECHというところのミュートがよいかもしれない。少し軽そうだし、着け外しに音がしないところもいい。

6月20日のプログラムのことが話題になり、ヒンデミットはどうかという案が出た。そうだ、すっかり忘れていた。このソナタの最初の楽章で始めてみるのも悪くない。早速音をだしてみよう。

明日からは「わが祖国」のリハーサル。久しぶりにもりもり弾く仕事だ。

Photo

« 5月の芦ノ湖 その2 | トップページ | 古賀さんの »

楽器のこと」カテゴリの記事