« さらうことⅡ | トップページ | 今週の一枚を »

2009年7月 5日 (日)

さらうことⅡ(続き)

先日あるチェリストがとても興味深い練習をしていたので尋ねたら、不思議そうな顔をしながら、トルトゥリエの本の第3部と教えてくれた。
僕は倉田澄子先生に習い、倉田先生はトルトゥリエの弟子だった、彼はそのことを知っていたからだ。恥ずかしいばかりである。

帰宅してトルトゥリエの本「HOW I PLAY HOW I TEACH」を引っぱり出した。(この本は学生時代同級生から借りたままのもの。本当にすみません。)
今までろくに開いてもいなかったのだけれど、読んでみるとものすごくおもしろい。彼はいかにチェロを弾くか、ということを考え抜いていたことがよくわかる。早速始めてみよう。ただし、トルトゥリエの手は尋常でない強さだったはずだから気をつけないとすぐ手を壊してしまいそうだ。
トルトゥリエが部屋にこもって静かなまま何時間もしてから出てきて、今日はよくさらった、と言ったことがあったそうだ。弓を使わずにひたすら左手の練習をしていた、そういう逸話がある。

残念ながら僕の年でも気をつけていないと手や体や頭は硬くなり始めているし、放っておくとすぐおとろえるのがわかる。
トルトゥリエは最後の最後まで現役で、素晴らしいバッハの6番を弾いたそうだ。
Photo

« さらうことⅡ | トップページ | 今週の一枚を »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)
  • (2017.02.27)
  • (2016.12.15)