« カザルスホール | トップページ | 人間にも楽器にも »

2009年7月17日 (金)

ピアノでさらうピアノとさらう

ピアノ伴奏のついたソロの曲をさらう時、これまで左手のパートをチェロで弾いたり楽譜を見ながらCDを聴いたりはしていた。とうとう家にピアノが入ったので、弾けないなりにピアノパートを弾きながらさらっている。メロディーやリズムまでは無理でも、ハーモニーだけなら弾ける。どうして今までこうしてこなかったのだろう。
音楽が全く違う顔を見せ始めた。チェロで弾くか、口ずさむしかなかった音符を別の楽器、とてもしっかりとした楽器で音にできるのは、音楽がようやく地に足をつけたようだ。逆によちよち弾いているインヴェンションの一つの声部をチェロで弾いてみたりもする。ピアノと弾く時のことを考えると、チェロでひらべったい音を出す訳にもいかないことがよくわかる。

« カザルスホール | トップページ | 人間にも楽器にも »

音楽」カテゴリの記事