« 豊かな広がり | トップページ | どうぞお早めに »

2009年9月 6日 (日)

左右逆だった

昨日さらっていて気がついた。
チェロを弾く時、左手は弦の響きをつくるポイントとなり、押さえる指の場所(指の腹とか先とか)やヴィブラートで音色を変える。右腕は全ての関節に緊張がなく、弦の振動を生み出し、けっして弦の邪魔をしない。弓は僕たちの息だし、声だ。
どうやら今まで右と左の役割を逆に思っていたらしい。だからいろいろなことに不都合があったのだ。そんなことも知らずにいたのか、と言われそうだが、やっと気がついた。

« 豊かな広がり | トップページ | どうぞお早めに »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)
  • (2017.02.27)