« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月29日 (木)

AB券

飛行機にチェロを載せるのはなかなか面倒だ。

荷物として下に預けると残念ながらしばしば楽器が割れる。機内持ち込みをしたければもう一席買わなくてはならない。人間の隣に乗せるのでAB券という。国内線の場合は正規運賃の半額。人間が安いチケットをとれた場合、チェロ席の方が高くなることだってある。
国際線の場合は基本的に人間と同額。奨学金をもらってアメリカのアスペン音楽祭に行った時、チェロ席は正規運賃の75パーセントを請求された。人間は奨学金で飛べたのだけれど、チェロは範囲外とのことで確か22万円くらい払ったと思う。実際に搭乗したら、客室乗務員が気をきかせて空いているファーストクラスのクローゼットにチェロを入れてくれた。チェロの方が人間より格上だ。でもそれならもともと買わなくても・・・。

1人分払っていてももちろん食事は出てこない。誰かがチェロの食事を要求したら出てきたことはあったそうだ。
ブルネロは、満席の時はもちろん買わなくてはいけないとしても、すいている時は無料で載せてくれてもいいのではないか、そういうことをロストロポーヴィチのように有名な人が航空会社に提言してくれたら、と言っていた。
ベルリンフィルの団員はルフトハンザに乗るとき、所属を名乗ると無料で楽器をのせてもらえる、と聞いたことがある。本当かな。

費用も問題だが、搭乗手続きにも時としてかなり時間がかかる。座席に人間以外のものを乗せるのは特殊なことらしい。最近はかなり早くなったけれど、少し前はカウンターで2枚のチケットを提示すると担当者があちこち右往左往してずいぶん待たされた。今でも空港には早く行く。
チェロを飛行機に載せるためにこれまでかなりのお金と時間を費やしてきた。

席をとらなくてはならないのはチェロだけで、ヴァイオリンやヴィオラは問題なく機内持ち込みできていた。ただ、この1年くらいのうちに小さい楽器も席をとるよう要求されるようになってきた、とは聞いていた。とうとう12月から楽器を載せるには一律に席を買わなくてはならなくなったらしい。全日空のHPに明記されている。
http://www.ana.co.jp/dom/checkin/promotion/baggage/

都響が移動する場合、ヴァイオリンとヴィオラが36から42人くらいの編成だからかなりのコストアップになる。予算が潤沢な仕事は問題ないとしても、例えば個人で室内オーケストラや弦楽四重奏を招聘しようとしたり、室内楽の自主公演をしようとしたりすることはかなり厳しくなると思う。
地方での演奏会が減らないよう願うばかりだ。

2009年10月26日 (月)

オーケストラのための協奏曲

バルトークのオーケストラのための協奏曲は多分これまでに2回弾いていて、2回目はまだ新日フィルに入る前、都響のエキストラとしてだった。バルトークプログラムで指揮はベルティーニ。
最初に弾いたのは学生の時、桐朋のオーケストラで井上道義さんの指揮だった。あの頃の桐朋のオーケストラは決していい状態とは言えなくて、学生がろくに譜読みもせずにバルトークの弦チェレ(弦楽器、打楽器、ピアノのための音楽)、オーケストラのための協奏曲、ベルクのヴァイオリン協奏曲というプログラムを弾けるはずもなく、初日の練習で道義さんは「かつての栄光はどこに!」と頭を抱え、さらにたまたま桐朋に来ていた小澤さんに、「ワセオケ(早稲田大学のオーケストラ)の方が上手い」と言われてしまう始末だった。

久しぶりに楽譜を見てみると、特に難しいところは見事に忘れていて、記憶力の無さには驚くばかりだ。でもかなり新鮮で以前よりいろいろな景色が見える。僕には奥行きのある深い森がこの曲の基調にあると思う。タイトル通りエレジーもあるし、子守歌もある。湧き立つような思いや皮肉、ユーモアはもちろん、どうしてもサーカスが見える。
明日から都響のリハーサルが始まる。

2009年10月24日 (土)

4本の青い弦

大きな本番が一段落したので楽器も体も一度ゆるめようと思った。
ヤーガーのフォルテとスピロコアという弦の組み合わせ(3月18日の日記を参照http://ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/index.html)はとても良かったのだけれど、楽器の響きが減ってきたような気もするので、ヤーガーはミディアムに、下2本は懐かしいオイドクサにした。G線だけは太いゲージ(径)にした。弦のテンションが下がって、予想どおりてよんとした楽器の感触になった。
広い場所で音を通すのには向いていない組み合わせだと思う。だから人に薦められるものではないが、オイドクサのような柔らかい弦でも鳴る楽器あるいは楽器の状態であった方がいいと思う。テンションの高い弦を使って響きが少なくなり、音の輪郭だけになる状態は避けたいと思っている。

4

2009年10月23日 (金)

鉄人28号

福岡の演奏会の翌日、懐かしい方々に会うために神戸で途中下車した。わがままを言って、新長田駅近くにある鉄人28号まで連れていっていただいた。足下はまだ工事をしていたけれど、思ったより大きく、動きのあるポーズでおもしろかった。フィクションの中のものが実体を持って現れると不思議な感じがする。
その後神戸楽譜に寄って(実際の店舗を訪れるのは初めて)無伴奏のレパートリーを開拓するべく知らない曲の楽譜を何冊か買い、新幹線に飛び乗った。

28

2009年10月22日 (木)

何回目かの「わが祖国」

初めて「わが祖国」を弾いたのは2004年春、新日フィルの演奏会だった。
あの頃本当に忙しかった。翌日新日はスペインツアーに出発する。早朝新宿に向かう京王線の車中で僕は貧血になり、砂嵐を起こしたテレビの画面のような視界の中どうにか成田エクスプレスに乗り換えたのだった。
去年のサイトウキネンで「わが祖国」を弾いた時はひどい風邪をひいていた。今年都響で弾いた時は最初の音を半音間違えてしまい、あまりの馬鹿さ加減に本当にしょげてしまった。

「わが祖国」を演奏するたびに何か起きるので用心していたけれど、昨日の九州交響楽団の演奏会はあっという間に終わってしまった。チェコの音楽には独特の情感があり、指揮のエリシュカさんはそれをとても愛しているのだと思う。
1曲目ヴィシェフラートの冒頭は何度弾いても霊感に満ちていて素晴らしいし、モルダウは言うに及ばず、シャールカ、ボヘミアの森と続いて、5曲目のターボルで本当に大きなヤマ場が来てかなり消耗してしまうのだけれど、でももう一度気持ちをふるい起こして終曲を弾く。
オーケストラでしか体験できない音楽があると思う。「わが祖国」にはその醍醐味があふれている。

Photo

2009年10月20日 (火)

見通しのよい

「わが祖国」はすばらしい曲だし楽譜にも強く弾く指示が多いから、皆で盛り上がってもりもり弾いて、轟音はするがディテールはよくわからない、というのがこれまでの経験だった。有名なモルダウでもそうだ。オーケストレーションが必ずしも良いわけではない、ということかもしれない。

エリシュカさんは必要な声部を浮き立たせるために、そうではないパートをかなり押さえる。だから何度も弾いてきた「わが祖国」がときどき知らない顔をもって現れ、はっとすることになる。

テンポは全体的に速めだと思う。広めのテンポで弾いたあと、かなりきつくテンポを締めることもある。明日どんな演奏会になるだろうか。

2009年10月19日 (月)

チェコ語

九州交響楽団、エリシュカさんの指揮する「わが祖国」のリハーサル2日目。
エリシュカさんは英語を話さないので、練習は通訳を介してチェコ語で行われる。九響の中にチェコ語をわかる人が少なくとも2人いるのは驚きだ。「マリンコ」とか「マリチコ」というのは「少し」とか「ちょっと」という意味だと、通訳のクミコさんに教えてもらった。
僕にも少しわかってきた。「スト」という言葉は百を意味するらしい。百何十小節、と言う時いつも「ストなんとか」と聞こえる。明日確かめてみよう。

2009年10月18日 (日)

演奏会の予定を

演奏会の予定を更新しました。しばらくはオーケストラの仕事です。

http://ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/ensoukai.html

2009年10月17日 (土)

次のプログラム

買ってもいない宝くじが3億円当たった場合の使い道を考えるように、あてのない次のリサイタルのプログラムを考えている。考えるのは自由だし、人様にも迷惑をかけない。

弾きたい曲は、ブリテンのソナタ、ベートーヴェンの4番、シューマンのアダージョとアレグロ、プーランクのソナタ・・・。
演奏会はフォーレの小品、ロマンスで始めてすぐ蝶々を弾く。それからどうしようか。どこかで無伴奏を1曲入れたいとも思うし。プーランクは愛すべき作品だけど、フランス組曲を弾いたばかりだしさらにリスキーな曲だから次々回以降かもしれない。
ベートーヴェンの4番は憧れの曲だ。なんと表現したらよいのか透明で即興的で断片的で実験的で抽象的で、昔からずっと弾いてみたいと思っているけれど、弾く時期は来ているだろうか。
ブリテンは音を出したこともないが、気持ちだけはずっと温めてきた。最後はシューマンかなぁ。

それにしても人前で弾く、というのはいったいどういうことなのか考えないわけにはいかない。

今月また福岡に行く。今度は九響のオケの仕事で、エリシュカさんの指揮する「我が祖国」全曲。ひそかにすごく楽しみだ。

Photo

2009年10月16日 (金)

「ピアノ・ノート」

自分が必要とする本をみつけて読める時はとても幸せだ。でも、そういう本は時間を探しては読むのですぐ終わってしまい残念な気持ちもする。

チャールズ・ローゼン著「ピアノ・ノート」もあっという間に読み終わってしまった。舞台で演奏をした経験のある人だったら誰でも共感するところがある本ではないだろうか。もちろんまったく興味をもてない人もいると思う。何箇所もおもしろいところがあったのだけれど、例えば
『マスタークラスでは有名な(あるいは悪名の高い)音楽家を招いて、複数の学生に他の学生や、ときには物好きな外部者の前で演奏させ、公開レッスンをする。・・・ マスタークラスとはいったいだれを教える場なのか - 演奏している学生か、それとも聴いている人たちか?たいていの場合、教育されるのは聴き手側で、演奏者は生贄の役割を演じる。
 最良の教授法とは学生といっしょに練習すること、つまりどう練習したらいいか弾いてみせ、そのうえで学生がそのパッセージを正しく弾けるようになるまで見守ってやることだ。』

また何日間か旅の仕事があるのだけれど、その前に読み終わってしまった。次の本を探さなくては。

2009年10月12日 (月)

どこに境が

文学界11月号に掲載された椎名誠さんの「汗と凍結」がおもしろかった。
話は二つの柱からできていて、一つは東京オリンピックの頃の日雇い労働、もう一つは極寒のシベリアでの撮影行だ。もちろんフィクションなのだろうけれど、零下40度以下の世界の描写が真に迫っていて、多分本人が経験したことなのだろうと思わせる。例えば、
『ヤクーツクには午前9時に到着した。飛行機が所定の位置に着いてもドアは開かなかった。正確には開けられなかったのだ。極寒のシベリア上空を突っ切ってきたイリューシンのドアは固く凍りついていて、そのドアをあけるためにはガスバーナーのついた自動車がやってきてドアの周囲をそっくりガスの火で溶かす必要があったからだ。』
こんな具合だ。

このところよく本を読んでいる。村上春樹さんの小説を立て続けに読んで、今日からチャールズ・ローゼン著「ピアノ・ノート」を読み始めた。
小学生の時、本の虫だった頃があった。こたつみかんをしながら読むのが好きだった。子供向けの本も漫画も繰り返し読んだが、愛読書だったドラえもんやブラックジャック、公園前派出所などはみかんの汁ですっかりよごしてしまった。みかんは箱買いしてあったので僕にとってほぼ無尽蔵に存在し、食べ過ぎてお腹をこわして学校を休んだこともある。冬になるといつも手は黄色くなっていた。

夢中になって本を読むことと、音楽に入りこんで演奏するのは似ていることのような気がする。文章を書くことも、演奏することももしかして同じくらいパーソナルな(個人的な)ことかもしれないと思う。それが自己満足なのか、表現に値するものなのか、どこに境があるのだろう。

2009年10月10日 (土)

疲れきってしまう前に

8月後半松本にいる間はピアノをさらえなかった。それは残念なことだったのだけれど、帰宅して弾いてみたらどうしてもつっかえていた箇所がすんなり動くようになっていて驚いた。練習しさえすればよい、というものでもないらしい。

大事な演奏会の前に詰めてさらって当日には体も心も張ってしまい、実は疲れた体で舞台にあがる、ということはよくあることだ。
10月1日の本番の前、長く練習した日に右手の古傷がひらいてしまったようになって、しまったと思った。それからはできるだけ練習をコンパクトにしたし、4日名古屋での演奏会が控えているのに、2日は楽器を触らなかった。これまででは考えられなかったことだった。
帰京して一昨日昨日と2日間弾かなかった。心も体もこんなに休んだのは久しぶりだった。

今日冷静にチェロを弾いたら、こんなこともあんなことも、と気付くことがいっぱいあった。リサイタルをやってみて初めてわかったことは多かったし、その後でさらにいろいろなことに気付いた。

2009年10月 8日 (木)

誰かあるいは何かに

トリプルを弾いた後、自分の演奏会があり、1日おいてすぐ但馬でのアウトリーチと続いたのはとてもよかったと思う。写真も撮らず釣りもせず自転車にも乗らず、いったいどうチェロを弾くのかということを考え続けられたのは、演奏する人間にとって幸せなことだった。

台風のおかげで宙に浮いたように1日空いたので久しぶりにのんびりした。予定の小学校に行けなかったことはもちろん残念だけれど、コーヒーを飲みながらゆっくり本を読み、めったにしない料理をし、という時間は本当に贅沢だった。終わった演奏会のことを思い出す。

リサイタルのプログラム、フランス組曲で始まり、ドヴォルザークのロンド、ボッケリーニのイ長調のソナタと続くあたり、本当に厳しかった。これがもし誰かが組んだプログラムだったら本気でその人のことを恨んだだろう。僕に信仰はないけれど、プーランクやドヴォルザークでは十字をきってからでなくては飛べないような音程の跳躍がいくつもあったし、いつもは大丈夫でも、本番の舞台でかたくなった体で弾くボッケリーニは違った曲になりそうだった。

でも、久しぶりのリサイタルは本当に楽しかった。次は再来年の5月くらいにできるかな、なんて考えたりする。喉もと過ぎた熱さをすっかり忘れているのだ。

10月1日の東京、4日の名古屋は、その前後を考えるとほとんど奇跡的とも言いたくなるくらい素晴らしい晴天だった。晴れた日の演奏会はうれしい。そのことを誰かあるいは何かに心から感謝したかった。

2009年10月 7日 (水)

アウトリーチ2日目

10月7日午前中は寺内認定こども園の5歳児23人を対象としたアウトリーチ。今回のヤマ場だ。
最初はいつもと様子が違うと思ったのか神妙にしていたが、プーランクのフランス組曲を弾きだしたとたん、みんな笑いだした。子どもの反応は本当におもしろい。基本的には3分くらいまでの短い曲ばかりを弾いて、でも最後のハンガリー狂詩曲では手をたたいたり頭をぶんぶん振り回したり様々な反応を見せながら聴いてくれた。
午後は昨日に引き続き、東河小学校に行き、4~6年生の前で弾いた。午前中とうってかわってあまりに静かに聴いてくれるのでとまどってしまう。それでもだんだん質問をしてくれるようになって、無事終了。

実は台風18号の接近のため8日のアウトリーチは早い時点での中止が決まり、拍子抜けしてしまった。予定より一日早く帰京。そろそろいつもの生活が戻ってきそうだ。
Photo

2009年10月 6日 (火)

朝来でのアウトリーチ1日目

朝来市内のアウトリーチ1日目、午前中は粟鹿(あわが)小学校の音楽室で4~6年生の前で弾いた。

リサイタルを終えたばかりなので、ドヴォルザークのロンドとソリマのアローンは弾いて、あとは白鳥やハンガリー狂詩曲など。ピアノの前田君が「子犬のワルツ」を弾いたらみんな楽器の周りに群がってとてもいい光景だった。

午後は東河(とが)小学校1~3年生62人。小さい子向けのプログラムの用意がほとんどなかったので少し心配だったけれど、「トトロ」を弾き始めたらみんな歌い始めたので大丈夫と思った。7分かかるロンドも聴いてくれてうれしかった。小さい子達のエネルギーはすごい。前田君が六甲おろしを弾いたら先生方を含め手拍子が始まって楽しかった。

とにかく1日目が終わってほっとした。明日はこども園5歳児26人というのがあるので、くまんばちをさらおう。

Photo_3 Photo_4 Photo_5

2009年10月 5日 (月)

子供と一緒

昨日の演奏会のアンケートの中に、チェロの肩に布がかけられているのはどうして?というお尋ねがいくつかありました。

もともとは初めて今のチェロを使うようになったとき、とても状態のよい楽器だったので汚さないようにということと、どうしても胸にあたる部分のニスがいたんでしまうので、それを少しでも防ぎたいと思って、ハンカチをあてるようになった。

でも本質的には小さい子供が肌身はなさず同じぬいぐるみやタオルを持っているのと大差ないと思う。それがあることによって安心するのだ。舞台の上では、時としてわらにもすがりたくなる。

今日は新幹線と特急を乗り継いで兵庫県の和田山に来た。明日から3日間朝来市内の小学校や認定こども園で演奏する。リサイタルとはまた違う感じで楽しみ。

Photo_2

2009年10月 4日 (日)

10月4日電気文化会館

10月4日電気文化会館での演奏会、多くの方々にお越しいただき本当にありがとうございました。また、名古屋でもたくさんのアンケートを丁寧に書いていただき感謝しております。東京公演のものとあわせて宝物になりました。

10月1日も今日も、演奏会が近付くたびにどうしてこんな難しいプログラムを組んだのだろう、と後悔していたけれど、開演してしまうといつもあっという間に終わってしまった。目先の困難がなくなって、これから少しさみしくなるかもしれない。

普段演奏会はつくっていただいていて、自分は演奏しさえすればよいのだけれど、久しぶりに自主公演をしてみると思っていたより大変だった。でも東京名古屋と2公演やってみて初めてわかることは多く、やってよかったのだと思う。

さて次はできるのだろうか。

Photo

10月4日当日券

10月4日電気文化会館での演奏会、当日券ございます。14時開演です。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

2009年10月 3日 (土)

一転して

ムジカーザの演奏会の後、こんなメールをいただいた。
ラフマニノフについて、
「しかし凄くロマンティックな曲なのにメガネの男が3人」
とても鋭いご指摘だ。今回僕はピアニストと背中合わせになるような位置で弾いているから、客席の場所によっては僕とピアノの鈴木君、譜めくりの渡部君がひとかたまりに見えたはずだ。体型の違いは、多少あるとしても、とにかく黒い服着たメガネの男が3人寄り集まっているというのはどう割り引いてもロマンティックとは言いにくい。

東京の後名古屋でも演奏する。今日の一番大切な用件はムジカーザでの録音を聴くことだ。録音を聴くのは覚悟のいる作業で、結局夜になった。昨日はとても幸せな日だったのだけれど、一転気を引き締めなくてはならないことを痛感した。強く引き締まったのだが、のほほんと浮ついた気持ちで名古屋に行くよりははるかにいいだろう。
昨日代々木上原まで足をお運びいただき、しかも演奏まで聴いてくださった方々に僕は深く深く感謝しなくてはならない。本当にありがとうございました。

2009年10月 1日 (木)

10月1日ムジカーザ

10月1日ムジカーザでの演奏会、多くの方々にお越しいただき本当にありがとうございました。また、丁寧なアンケートを多く書いていただきとても有り難くうれしく拝読しました。心の糧とさせていただきます。

演奏会の準備にはずいぶん長くかかったけれど、ふたが開いてしまうと何が何だかわからないうちに、一瞬で終わってしまった。4日は名古屋で同じプログラムを弾く。でも今は少しほっとしよう。

Photo

10月1日当日券

10月1日ムジカーザでの演奏会、当日券若干枚ございます。15時までルンデ

052-861-0162

にて受け付けております。(なくなり次第終了します)

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »