« 4本の青い弦 | トップページ | AB券 »

2009年10月26日 (月)

オーケストラのための協奏曲

バルトークのオーケストラのための協奏曲は多分これまでに2回弾いていて、2回目はまだ新日フィルに入る前、都響のエキストラとしてだった。バルトークプログラムで指揮はベルティーニ。
最初に弾いたのは学生の時、桐朋のオーケストラで井上道義さんの指揮だった。あの頃の桐朋のオーケストラは決していい状態とは言えなくて、学生がろくに譜読みもせずにバルトークの弦チェレ(弦楽器、打楽器、ピアノのための音楽)、オーケストラのための協奏曲、ベルクのヴァイオリン協奏曲というプログラムを弾けるはずもなく、初日の練習で道義さんは「かつての栄光はどこに!」と頭を抱え、さらにたまたま桐朋に来ていた小澤さんに、「ワセオケ(早稲田大学のオーケストラ)の方が上手い」と言われてしまう始末だった。

久しぶりに楽譜を見てみると、特に難しいところは見事に忘れていて、記憶力の無さには驚くばかりだ。でもかなり新鮮で以前よりいろいろな景色が見える。僕には奥行きのある深い森がこの曲の基調にあると思う。タイトル通りエレジーもあるし、子守歌もある。湧き立つような思いや皮肉、ユーモアはもちろん、どうしてもサーカスが見える。
明日から都響のリハーサルが始まる。

« 4本の青い弦 | トップページ | AB券 »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.08.21)
  • (2017.08.25)
  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)