« 偶然 | トップページ | まだまだきっと »

2009年11月11日 (水)

雨男の物忘れ、オイミャコン

明後日から都響メンバーの室内楽で御蔵島に行く。この1年都響の仕事で訪れた小笠原、八丈島、大島は全て雨だった。今日から雨で、週末もすっきりしなさそうだ。

御蔵島から帰るとマーラーの4番のリハーサルが始まる。数年前に弾いているはずなのに、勉強したらほとんど何も覚えていなかった。感心したくなるほどの忘れ方だ。

先日テレビで、気温マイナス71.2度を記録したシベリアのオイミャコンという村が取り上げられていた。洗濯物をどこに干すかというと、日本と同じように屋外に干す。マイナス40度の気温で洗濯物の水分はしみだして表面に凍りつき、その氷をはらえば乾いたと同じことだそうだ。なるほど。
10月12日の日記に書いた椎名誠さんの小説の舞台もこのあたりだと思う。当然厳しい生活と想像していたのに、オイミャコンの人たちは実に屈託ない感じだった。どうしてあんなに幸せそうなんだろう。そこの人にとって本当に寒いというのはマイナス50度とか60度のことで、マイナス40度は春だ、と言っていた。気温がマイナス56度を下回ると学校は休みになるそうだ。

« 偶然 | トップページ | まだまだきっと »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.08.21)
  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)