« FM放送(続き) | トップページ | 新しい年が »

2009年12月30日 (水)

「グァテマラ伝説集」

M.A.アストゥリアス著「グァテマラ伝説集」を読んだ。これまで知らなかった情熱的で幻想的な色彩がある。
『村ではそれぞれ、ドン・チェーペ、ニーニャ・ティーナの愛称で知られ、恩寵の甲状腺腫をわずらっているホセとアグスティーナは、その先祖が岩石のなかに世紀を示す層を数えあげたように、とうもろこしの粒をひとつずつ左から右へ積み重ねながら、わたしの歳を数える。歳を数えるのは悲しいことだ。わたしの年齢は彼らを悲しませる。』
(「金の皮膚」の回想)

その後読み始めたのはG.ガルシア=マルケス著「生きて、語り伝える」。うーん、おもしろい。
読む本と弾く音楽があることは幸せだ。

« FM放送(続き) | トップページ | 新しい年が »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.08.21)
  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)