« レオン・フライシャー | トップページ | 今週の一枚を »

2009年12月 6日 (日)

体の疲労ではなく

フライシャーが長時間楽器を練習することについて話すのを聞いて、ずいぶん前ニュースステーションに往年の名ピアニスト、シューラ・チェルカスキーが出演した時、練習は一日3時間でそれ以上は必要ない、と言ったことの意味が少しわかったような気がした。
長い時間練習して体が疲労してしまうことではなく、気持ちやもっと具体的には脳や神経に負担がかかってしまうことに問題があるのかもしれない。何十年も楽器を弾いていくためにはいつもできるだけ新鮮な意欲を音楽に持ち続けることがどうしても必要と思った。

« レオン・フライシャー | トップページ | 今週の一枚を »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.08.21)
  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)