« メロスカルテットのベートーヴェン | トップページ | 真夜中まで »

2010年3月 8日 (月)

朝から晩まで

都響は午後まで宮本文昭さんの指揮でブラームスの2番の交響曲のリハーサル、それから19日の室内楽の練習をした。今日はピアノの三浦さんが入ってシューマンの五重奏の音を出した。この曲にもいっぱい思い出がある。
ラズモフスキーももちろん合わせたので、結局朝から晩まで弾いていたことになる。本当にカルテットの練習には時間がかかる。明日もまたオーケストラのリハーサルの後、合わせをする。4人とも練習をよく録音するのだけれど、問題はその録音を聴く時間がなかなかないことだ。

« メロスカルテットのベートーヴェン | トップページ | 真夜中まで »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)
  • (2017.02.27)
  • (2016.12.15)