« 言葉にできない | トップページ | ジャンルー・シーフ写真集 »

2010年4月12日 (月)

黙って仕事

どんな音楽の有りようを望んでいるのか、ムーティの指揮は実に明瞭だった。目の前で見ているとまったく自然なことだったのだけれど、今思い返すと魔法のように思える。
男は黙って仕事、と思った。僕らだったら、しのごの言わずに出した音が全てを語っている、そんな演奏家だろう。先は遠い。

ソプラノ、テナー、バリトンのソリストも素晴らしかった。あの音色感。なるほど声とはそういうものか。

演奏すること音楽をすることが、この貴重な数日でにわかに現れてしまった。そうだったのか、今まで何十年も何をあんなにばたばたしていたのだ。

« 言葉にできない | トップページ | ジャンルー・シーフ写真集 »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)
  • (2017.02.27)