« ターリヒ指揮のチェコフィルと | トップページ | ホロヴィッツのチャイコフスキー »

2010年6月 5日 (土)

当たり年

僕と同じ頃(95年卒)学校を出た人たちとは今でも仕事場でよく会う。都響の中にも6、7人いる。不思議なことにある年に集まる傾向があると思う。

今の24、5歳には優秀なチェロの子たちが恐ろしいくらいそろっている。先月一緒に弾いた長谷川彰子さん、松本瑠衣子さんもその学年だ。いったい何人いるのだろう。僕たちの頃からは考えられないくらい皆よく弾けるし、音楽の理解も深い。さらに感心するのは一緒にいて楽しいことだ。
その中には、すでに世の中に出ている子も、留学を目指している子も、まだ自分が何者か探している子もいる。

僕が出たての頃外国の講習を受けたりコンクールに参加したりすると、日本とあちらにはずいぶん差があると感じた。
もう時代は変わったのかもしれない。

« ターリヒ指揮のチェコフィルと | トップページ | ホロヴィッツのチャイコフスキー »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.10.04)
  • (2017.08.21)
  • (2017.08.25)
  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)