« 同窓会 | トップページ | カルテットのように緻密な »

2010年11月22日 (月)

小学生の時

同窓会には当時の先生もお二方来てくださった。

小学3、4年の時は山田先生。厳しくてよく怒られたけれど自由だった。クラスで団結して何かの時間をレクリエーションに使ってしまったり、冬は教室のストーブで餅を焼いたりした。

5、6年生の時の岩本先生は今度の春で定年だそうだ。つまり僕たちを担任していたときは20代だったと聞いてひっくり返りそうになった。
時々読み聞かせをしてくれた物語が楽しくて、その時間の終わるのがいつも残念だった。確か6年生の時、理科の授業は午後の5、6時間目に続けて組んであって、裏山に出かけたことも忘れられない。いろんな生き物を捕まえて教室に持ち帰った。池や小さな流れがあって、そこで捕まえた手のひらに乗るくらいの亀(ゼニガメと呼んでいた)はしばらく飼っていた。誰かがイモリだかヤモリだかを捕まえて教室に持ち帰りふたのない水槽に入れておいたら、翌日にはいなくなっていた。失踪が忘れられた頃の大掃除で、教卓の中からすっかり干からびたそれが出てきて大騒ぎになったこともあった。

プール開きの前に掃除をしたとき、近くに川があるからか、プールの中は小さな生態系のようになっていて、アメンボはもちろん大きなゲンゴロウも何種類かいた。ゲンゴロウなんてその時以来見ていない。
冬のサッカー部の練習の仕上げは、夕方陽が落ちて真っ暗になったころ、川沿いの信号が青になってから赤に変わるまでに校庭を全力で往復して戻ってくる「10本ダッシュ」だった。
ニュースで知る限り今の学校は大変そうだけれど、あの頃のびのびしていたと思う。

一方、現実はといえば、今日もインバルの指揮でベートーヴェンのリハーサル。結局16型は8番の交響曲のみで、1番は14型、ピアノ協奏曲は12型になった。
1番の交響曲は確実な記憶では学生時代に1度弾いたきり、本当に弾く機会が少ない。久しぶりに弾いてその理由はよくわかった。特にファーストヴァイオリンが難しく、しかもその難しさが克服できたとして演奏効果につながりにくい。でも都響のヴァイオリンは素晴らしいと思う。チェロではあんなにきっちりできそうにない・・・。
みっちりした練習で少々くたびれて新宿のタワーレコードに行ったら、都響&インバルのCDがたくさん積まれていてびっくりした。明日からの演奏会も録音されるらしい。

« 同窓会 | トップページ | カルテットのように緻密な »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)
  • (2017.02.27)
  • (2016.12.15)