« VNSO練習場 | トップページ | Strong esprit »

2010年11月 7日 (日)

ハノイ市街

今日のゲネプロは午後の遅い時間からなので、朝食後順平さんとハノイ市街に出た。

ホアンキエム湖の横を通り(結婚するたくさんのカップルが、花嫁衣装をまとって記念撮影をしている)、旧市街へ。
京都の町屋のようなマーマイの家を見て、店の立ち並ぶハンドウォン通りを歩いて、ハノイ大教会を見て。

とにかく人々の生活が路上にむきだしになっているから、多分何時間いてもどれだけ写真を撮ってもあきないと思う。ただしクラクションの音といがらっぽい空気にはなかなか慣れることができない。
路上には、体重を計る商売の人、天秤棒を担いだ様々な行商、昼時はテーブルもなく本当に路上で開かれるフォーの店(もし僕が鉄の胃袋の持ち主だったら是非食べてみたい。でも食器を洗うたらいの水の色を見ると無理だとわかる)、地図を見ているとすぐ声をかけてくるシクロ(人力タクシー)、店番する人、・・・。

原付であふれかえる道を横断することには少し慣れてきた。日本にいるときよりはるかに五感を働かせなくてはならない。

今日の散歩のお供はフィルムのカメラ。とにかくほこりっぽいからセンサーのゴミ問題どころではない。6年前ヨーロッパの演奏旅行ではフィルムが足りなくなってパリでトライXを買い足す、なんて気のきいたことができたけれど、今や誰もフィルムなんて使わない様子。残りの4本を大切に使おう。

« VNSO練習場 | トップページ | Strong esprit »