« すべてが個性的 | トップページ | 常に明晰な »

2010年12月31日 (金)

いついかなるときも

マゼールはいついかなるときも、意志がぶれることがなく、あいまいなところはどこにもなく、指揮は簡潔だ。
演奏が始まるとどの曲もあっという間に終わってしまう。あとは第九だけ。
手が疲れることを心配していたら、それは意外に平気だったのだけれど、長い演奏会でお尻が痛くなってしまった。座面と骨の間のあわれなうすっぺたい僕の肉が悲鳴をあげている。

今日の東京文化会館は大ホールでベートーヴェンの交響曲全曲、小ホールでは弦楽四重奏の連続演奏会をしている。
ベートーヴェン尽くしの年末ももう少しで終わりだ。

« すべてが個性的 | トップページ | 常に明晰な »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.08.21)
  • (2017.08.25)
  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)