« ヤーガーの「スペシャル」 | トップページ | スーパープレスト »

2011年1月31日 (月)

「Klang」

昨日の産経新聞にオーボエの渡辺克也さんのベルリン音楽紀行『「響き」に必要な環境と練習』、という文章が載り、とても興味深かったので引用させていただきます。企業秘密とも言えそうな大事なことが書いてあると思うのだけれど。

『音楽演奏に使われる音のクオリティーを表現する、「音色」という日本語があります。ドイツ語でそれに当たるのは、「Klang」という、一般的には「響き」を指す単語です。ただ意味が少し異なりまして、「音色」という単語はともすれば平面に描かれた色のイメージを与えますが、「響き」は、振動体から広がっていって場合によっては反射音も伴った、立体的な空間を想起させます。
自分が理想とする音像を具体的にそして強くイメージすることは、われわれ演奏家にとって非常に大切なことですが、この目的のためには「音色」よりも「響き」という単語で表す方が断然有利です。
ドイツ留学する日本人演奏家の音楽修行が、まず最初にこれを認識するところから始まる、と言っても過言ではないでしょう。音楽演奏に使われる音そして表現は、「響き」が大切にされていて立体的でなければならない・・・』
『この「響き」は、ヨーロッパの建築文化と密接な関わりがあります。具体的には、よく反響する石の素材が多く用いられていることと、天井が高くよく共鳴することが挙げられます。・・・このような部屋では、人の話し声もとってもよく響くんですね。高い天井は、優れた音楽ホールの重要な条件でもあります。
このような常に「響き」と接している環境においては、耳と感覚が自然に研ぎ澄まされます。日本家屋の場合、畳などが吸収してしまう上、天井も低いので、立体的で美しい「響き」に日常的に接するのは簡単ではありません。お風呂場のようにワンワン鳴りすぎてしまうとまた困るのですが、練習室はある程度の残響があった方がよいと思います。
さて練習する環境が整ったら、より美しくより深い表現が可能な「響き」を得るためには一体どうしたら良いか?という次の課題に向かいます。発音体、つまり声楽の場合でしたら声帯、ピアノの弦、オーボエのリードといった物から、必要最小の力でうまく効率よく最大限の振動を引き出す訓練、これこそがわれわれ演奏家にとって、一番大切な、基本中の基本練習です。
最大限引き出せた振動から得られる「響き」は容易に整形でき、さまざまな表現を可能とします。力任せに鳴らそうとしても、最大限の振動を得ることはできません。この理論は、私がドイツで得た最大の収穫のひとつであります。』

« ヤーガーの「スペシャル」 | トップページ | スーパープレスト »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.10.19)
  • (2017.10.04)
  • (2017.08.21)
  • (2017.08.25)
  • (2017.07.11)