« 帰京 | トップページ | 呆然と »

2011年3月14日 (月)

これまで誰も経験しなかった

仙台フィルのメンバーから、電話はほとんど通じず、食べ物、水、ガソリンを手に入れることがとても難しい、という内容のメールが届いた。
ミューザ川崎は地震の影響で天井の部材が落ち、3月は公演中止だそう。

今朝行ったスーパーはすでに混雑していて入場制限が行われた。かえって近所の個人商店の方が食材はあるようだった。幹線道路ぞいのガソリンスタンドは売り切れ。乾電池、懐中電灯、ポータブルラジオ、カセットコンロ(ボンベ)も市場から消えてしまった。チェーンメールも来た。報道の通りだ。街中では人々が大きくふくらんだ買い物袋やトイレットペーパーを抱え、車も自転車もただならぬ雰囲気で走り回っている。学校給食から牛乳がなくなる、あるいは給食自体が中止される、という話も聞こえてきた。
皆が必要以上に買いこまなければ、少なくとも東京で棚から商品がなくなることはない、と思うのだけれど。

原発や停電に関する電力会社の会見を見ると不安になる。もう一つ気になるのは、東北や関東の太平洋岸以外の、長野や新潟を震源とする地震が発生していることだ。これまで誰も経験しなかった状況に直面している。どうかこれ以上災害が発生しませんように。

« 帰京 | トップページ | 呆然と »