« 「メアリー&マックス」 | トップページ | 違う世界への »

2011年4月27日 (水)

4月27日紀尾井ホール

紀尾井ホールで弾くのは、この前ここで弾いたのがいつで何だったか思い出せないくらい久しぶりだった。
今使えなくなっているカザルスホールに関して何かできないか、という思いから企画された今日の演奏会、集まった多くの演奏家にお会いし演奏を聴いているうちに、学生や出たての頃に参加した沖縄ムーンビーチのミュージックキャンプ、長野アスペンの講習会、倉敷や宮崎の音楽祭のことを思い出し、胸がいっぱいになった。

以前紀尾井の舞台に立った時は自分が小さく感じられその度に縮みあがっていたのだけれど、今日はいい響きに包まれて幸せだった。舞台の音は客席にはなかなか届きにくいのかもしれないのだけれど。

先日放映されたアンドラーシュ・シフの演奏会(ベートーヴェンの最後の3つのソナタを弾いた)も紀尾井ホールだった。その日彼は午前中2時間ほどホールで練習し、そのあと本番まで弾かなかったそうだ。シフと僕を比べてはいけないが、舞台に出るぎりぎりまで楽器に触れていたい僕にはそれはとても難しい状況だ。しかもあの素晴らしい演奏だったのだから。

« 「メアリー&マックス」 | トップページ | 違う世界への »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)
  • (2017.02.27)
  • (2016.12.15)