« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

スティーヴン・イッサーリス

スティーヴン・イッサーリスの演奏はそれまで1回聴いたことがあった。CDも何枚か持っている。その1回というのは何年も前、BBCウェールズのオーケストラとサントリーホールでエルガーの協奏曲を弾いた時のことだ。きっと近くではいい音がしているのだろうけれど、それは客席まではなかなか来ない。ガット弦を使う彼の透明な音が、スチールやナイロンの弦を使うオーケストラの角が立った音に埋もれてしまう印象だった。

でも先日紀尾井ホールで短いプログラムのイッサーリスのリサイタルを聴いた時は、とにかく圧倒的な弾け具合でびっくりした。この人はこんなに弾けるんだと思った。技術的な問題は何もなく、歌を聴いているようだった。テンペラメントというのだろうか、瞬間湯沸かし器のように音楽的な激しさがすぐ沸点まで達する。けれど何かが崩れることは決してない。いつも素晴らしい音程感が保たれているのにも驚いた。

4本ガットを張って何の問題も感じさせない演奏をするのは大変なことだと思う。しかも彼は舞台では一度も調弦しなかった。
ガットの下2本は裸ガットの上に金属の巻き線を2重に巻いてあるからそれなりに安定する。でも上2本はガットの上にアルミが巻いてあるだけで、これがすぐよれてむけてきてしまう。僕もオリーヴかゴールドのA線D線を張ってみたことはあるけれど、高価な弦の巻きがすぐよれてきて、嫌になってやめてしまった。もちろんスチールのように無理はきかない。常に左手は下まで押さえ、弓もきちんと当たっていないとすぐ音がひっくり返る。

イッサーリスはシューマンを弾いた時もフランクを弾いた時も、素晴らしい集中でとても積極的な演奏だった。そんなに弾いたらガットのA線は巻きがよれるどころか切れてしまうのではないか、と心配になるくらいだった。でも何も起こらずいつも豊かな響きだった。この響きはスチールやナイロンでは実現できないかもしれない。
あの日、彼の演奏を聴いてチェロにはこんなに可能性があると思ったし、遠くおよばないが同じ楽器を弾いていることを誇らしく感じた。

2011年5月27日 (金)

「ジョセフ・クーデルカ プラハ1968」

小雨模様の明治神宮に行った。雨降りの明治神宮は人が少なくひっそりとしていて好きだ。

Rainjingu

その後恵比寿の東京都写真美術館で「ジョセフ・クーデルカ プラハ1968」を見た。オリジナルのプリントはなかったけれど、そんなことは問題でないくらい強い力を持った写真だった。
ちょうどミラン・クンデラの「存在の耐えられない軽さ」を読んだばかりで、当時のチェコスロバキアの状況を思わずにはいられなかった。

実は今朝出かける時に変な体勢のまま左手で鞄を持ったら、ぴっと何かが走った。これを四十肩というのかどうかは知らないが、首も回らず左肩も上がらなくなった。
昨日楽器を左肩に担いだまま歩き回ったのがよくなかったのか、それとも弾いている時のわずかな違和感はこの前兆だったのか、いずれにしても演奏会前でなくてよかった。
夜プールに行ったら、最初はまっすぐ泳げなかったが、少し良くなった。明日は元に戻りますように。
やれやれ、これからは腕の上げ下げにも気を付けよう。

2011年5月26日 (木)

5月26日「セロ弾きのゴーシュ」

5月26日宗次ホールでの「セロ弾きのゴーシュ」にもたくさんの方々にお越し頂き本当にありがとうございました。

Munetsugu

午前中の早い時間から2時間ほどリハーサルをして、でもずっと違和感があった。結局それは舞台上の場所の問題で、朗読の上田さんの声も僕のチェロも板一枚分前に出ただけでぐっと良くなった。これは21日のソロの時と同じ場所。宗次ホールは舞台の、前から数えて板13枚目と14枚目の間に音の変わる大きな境目があると思う。覚えておこう。

宮沢賢治のテキストの間にときどき音楽を入れるのはどきどきすることだったけれど、楽しかった。やはり素晴らしい文章だ。上田さんの朗読も素敵だった。「印度の虎狩り」として入れた無伴奏の曲は時々台詞にかぶるようにして、これはおもしろかったと思う。
「1人田園」もどうにか。小学校の時の学芸会で「セロ弾きのゴーシュ」を演じた学年を担当した広瀬先生がなんと聴きにきてくださった。僕の一年生の時の担任だった広瀬先生は、音楽の授業の時オルガンを弾きながら眼鏡をおじいちゃんのように低くずらすので、よく僕たちは笑った。
レーガーの組曲を弾くのは初めて。これは今回の挑戦の一つ。去年ブルネロがドヴォルザークの協奏曲を弾いた、そのアンコールとして弾いて素晴らしかったので真似をした。レーガーはこれから少し読んでみよう。

終演後帰京。名古屋に一週間いたのは久しぶり、ゆっくりできたし、多くの懐かしい懐かしい人たちに会えて本当によかった。

2011年5月25日 (水)

「写真家・東松照明 全仕事」

名古屋市美術館で開かれている「写真家・東松照明 全仕事」展を見に行った。
写真を見ているうちに言葉がなくなっていくのは、シリアスな内容のものが多いこともあるけれど、それ以上に写真家のまっすぐな眼差しのため、と感じた。狭めの画角で撮られた写真はどこにもはったりやごまかしがない。そして古い時期に撮られたものほど斬新なアングルにはっとさせられた。

Tomatsu

久しぶりにカメラを持って出かけたくなった。

2011年5月23日 (月)

チェロ一人版「田園」

「セロ弾きのゴーシュ」の中で「光輝あるわが金星音楽団」は「第六交響曲」を演奏する。
小学校の時の学芸会で、僕たちではない学年が「セロ弾きのゴーシュ」を演じた際、この「第六交響曲」にベートーヴェンの交響曲第6番「田園」をあてていた。多分それが「田園」に初めて接した経験だったと思う。

26日の「ゴーシュ」でもやはり「田園」を弾く。ただ、音楽は僕のチェロ一本だけだし、もちろん全曲を弾くことは不可能。今日しなくてはならないことはチェロ一人版「田園」を完成させることだった。5〜6分の長さで各楽章の大事なモチーフを網羅できるようにしたつもり。
僕の書く文字は絶望的に幼いが、音符も残念ながら同様でとても職業音楽家の書いた譜面には見えない・・・。

「印度の虎狩り」にショスタコーヴィチの協奏曲を、という考えは音を出してみるとあまりうまくなく(やはり合いの手が入らないとこの曲の野蛮な感じは出ない)、無伴奏の曲から選んだ。ぴったりのものがあったと思う。

2011年5月22日 (日)

一緒に演奏旅行に行った

今日は中島顕先生のレッスンにお邪魔した。

Nakajimaclass

中学生の時、一緒に当時の東ドイツ演奏旅行に行った松浦君のご子息も中島先生に習っていて、しかもその時の彼の年齢(中学2年生)になっていることに驚いた。こんな年齢の時に僕たちは演奏旅行に出かけたんだなぁ。

昨日宗次ホールで弾いたばかりの、バッハの一番の組曲のレッスンをしたり(小学校2年生と5年生。僕が初めて弾いたのは5年生の時だった・・・)、ヴィヴァルディの2台のチェロのための協奏曲を皆で弾いたり、会場にいる父兄の方々も全員でスティーヴ・ライヒの「手拍子の音楽」に挑戦してみたり。最後はゴルターマンの作曲したチェロアンサンブルを弾いた。子供たちはみんなよく弾けるし、懐かしい人たちにも会えて楽しかった。

さぁ、明日はのんびり。

5月21日宗次ホール

5月21日宗次ホールでの演奏会、多くの方々にお越しいただき本当にありがとうございました。

この演奏会に向けてできるだけのことはしたつもりが、かえって手詰まりになってしまいどうしたものかと困っていたところを、ホールの音響に助けられた。響きがこれほどありがたい、と感じたことはなかったかもしれない。どうしようもなく足踏みをしていたところをぐんと上に行けた感じだった。

若い頃、悪い言い方をすれば、演奏をすることはもっと簡単だった。今はたとえ何か一曲弾くのでも大変だし、多くの準備を必要とするようになった。でも音楽をする喜びは前よりずっと大きい。

終演後、26日に「セロ弾きのゴーシュ」の朗読をしてくださる上田定行さんと打ち合わせ、音出し。この数日でしなくてはならない宿題はいくつもできたけれど、ソロの演奏会とはまた全く違った感じで楽しそう。

夜は同級生と同級生の店で飲んだ。去年の同窓会では会えなかった2人も一緒で、一人は小学校卒業前に転校したからほとんど30年ぶり、もう一人は中学校卒業以来25年ぶり、でもすぐにあれやこれやの話で盛り上がった。演奏会の後に同級生と飲むのは初めて、楽しかったなぁ。時間があっという間に過ぎて、実家にいる時に珍しく午前様となった。

2011年5月18日 (水)

断片的な提示

ブルックナーの交響曲は2番から9番まで弾いたことがある。今日何年ぶりかで2番を弾いて、例えば7、8、9番に比べれば試行錯誤の途中と感じる箇所はあるけれど、音楽はとても純粋と思った。

終楽章のコーダの前に第1楽章の主題が断片的に提示される。
この書き方からベートーヴェンの後期の弦楽四重奏を連想し、作曲の子にそのことを聞いてみた。僕はその断片の提示にだけ気を取られていたのに、彼女はもっと広くとらえて、和声の構造から考えてコーダの前に提示が置かれていることに意味があるのでは、と分析してくれた。うーん、なるほど。

その話はゲネプロの後だったので、では本番で気にしていよう、と思っていたら。気づいたときには弾き終わっていた。

2011年5月17日 (火)

ダラピコラダラピコラ・・・

ブルックナーは、弦楽器を弾く技術として、なんといっても5番が難しいと思っていた。あの対位法的な部分、何度さらっても本当にその音で合っているのか確信が持てなくなる。2番もそれほどではなくても難しい、弾きにくいところがある。主旋律でない声部の凝った分散和音の書き方はその最たるものかもしれない。

その5連符で書かれた箇所を取り出して練習する時にインバルは「ダ・ラ・ピ・コ・ラ」という言葉をよく使う。(ダラピッコラは作曲家の名前。5音節の言葉で言いやすいものだったら何でもいいと思う。イケブクロとかレジブクロとか)。「ダラピコラダラピコラ・・・」と続く5連符をアナグラムで「ピコラダラダラピコラ・・・」、と皆が難しい場所を真剣に弾いているときに言うものだから、それがツボにはまってしまうとおかしくて弾けなくなり爆笑が起きた。言葉が「ピコラダラダラ・・」とだらだら続くとおかしいのだ。
その後インバルが「オ・カ・ラ・ナッ・トゥ・・・」と始めてしまった時はさらに皆で笑った。でもこれだとどうしても「ナッ・トゥ」のところでリズムが重くなる。
先日は湯葉を食べて美味しかったと言っていたし、この人は意外と健康にいいものを食べている、とチェロの皆で意見が一致した。

2011年5月16日 (月)

馥郁とした香りが立ち昇るような

先日ある機会に。
最初そのチェロはあまりに状態が良いので、名器に似せて作った新作かと思った。でもそれにしては風格があり過ぎる、と思っていたらストラディヴァリウスだった。ぱっと見る限りあまり使われていないような美しさで、特に裏板は木目がぶわっと強く浮き出てくるようだった。

幸運なことに短い時間弾かせてもらうこともできた。きっと誰にとってもいい音だろう、馥郁とした香りが立ち昇るような音だった。一つの音の中に数えきれないくらいたくさんの音が含まれている。
今名器の価値は限りなく上がってしまったように見え、多分個人(もちろんお金のある人)が状態の良いストラディヴァリウスやデル・ジェスを買えた幸せな時代は終わりつつあるような気がする。ますます縁遠くなっている時に触れることができたのは本当に有難かった。音とは楽器とは、という基準になる引き出しをもう一つ作る貴重な機会だった。

2011年5月15日 (日)

毎日新鮮なのは実は

今日からブルックナーの2番のリハーサルが始まった。
家にオイゲン・ヨッフム指揮ドレスデン・シュターツカペレのCDがあって久しぶりに聴いたら、演奏は文句なしに素晴らしいのだけれど、調性が違うのかと思うほどピッチが高くてびっくりした。僕のいい加減な推測ではテープの録音か再生か編集の時のどこかの回転がずれていたのだと思う。終楽章では明らかに別テイクをつないでいる箇所もある。
デジタルになって回転ムラの問題からは開放されたし、編集なんて格段に便利になったのだろう。だって昔はテープを本当に切り貼りしていたはずだから。今や僕でもエディロールで録音したものをパソコンで編集できる。

それで、何年か前に弾いたブルックナーの2番はというと、幸いチェロの主題で始まる冒頭はおぼえていた。ハ短調だ。第2主題も思い出した。でも第2楽章はまるきり忘れていた。
チェロを弾くのは何年たっても毎日新鮮で楽しい。でもそれは実はもしかしてすでに経験しているはずのことを丁寧に忘れているから、いつも初めてのように新鮮なのではあるまいか・・・。

2011年5月14日 (土)

家でぼんやりじっと

地震の後に起こった様々なことを考えると、昨日のような大きな演奏会が実現したことは夢のようだった。プログラムが大変な分、よりいっそう楽しかった。忘れられない二晩になると思う。

朝から晩までチェロを弾く毎日は幸せなのだけれど、海を見に行きたくなった。
今日はさらわなくてもいいよう昨日無理くり譜読みまでしたのに、残念ながら喉がはれてしまった。外は絶好の行楽日和、本当なら海に出かける時間に病院に行った。やれやれ。でも楽器に触らず家でぼんやりじっとしている休みの日も悪くない。明日には元気になりますように。

2011年5月11日 (水)

シューベルトを弾ける人生は

一大スペクタクルと言える「英雄の生涯」はまさにオーケストラを弾く醍醐味だけれど、今日の演奏会、シューベルトを弾ける人生は幸せだと思った。5番の交響曲の冒頭は音楽がわきたつようだ。

「英雄の生涯」で好きなところは、再現部というのだろうか、和声が古典的に進行して主題が再び正しく変ホ長調で戻ってくるところ。今度はヴァイオリンも加わって大きなユニゾンでテーマが動き、わくわくする瞬間だ。
矢部さんのソロも素晴らしかった。オーケストラをまとめるコンサートマスターとしての責任と役割の上にあの長く入り組んだソロなのだから。心から敬意を表したい。

2011年5月10日 (火)

「Percussive!」

明日11日と13日の演奏会、「英雄の生涯」の前にシューベルトの5番がある。

去年インバルがベートーヴェンの8番を降った時でも弦楽器16型(ファーストヴァイオリンが16本)、木管倍管(!)という大きな編成だったのに、今回のシューベルトは12型、つまりチェロ6本、コントラバス4本の、彼としては小さい編成だ。しかも練習の初日にはヴィブラートは少なく、という指示が出て、さらに2日目昨日の練習では低弦が大きいというのでチェロ、コントラバスをもう1本ずつ減らした。

ところが今日の練習では「Percussive!」とか「Aggressive!」などの形容詞が出てきて、なんだかいつもの調子になってきた。この演奏がシューベルトらしいかどうかは別として、少なくとも演奏効果は上がると思う。聴いておもしろいかもしれない。
ベートーヴェンのリハーサルをしているときにも「Like Mahler」という言葉が出たように、やはりこの人には大編成で大音量のプログラムが合っていると思う。明日の「英雄の生涯」も楽しみ。

2011年5月 7日 (土)

釘付けに

さらおうさらおうと思いながら、NHKスペシャル「巨大津波」を画面に釘付けになりながら最後まで見てしまった。津波から生き残った人たちの映像と証言は見ているこちらが震えるようだった。
昨日発表された浜岡原発の運転停止要請、唐突な感じがしたけれど、でも今もしもう一つ大きな災害が起きるとこの国は立ち行かなくなる可能性があることに思い至った。

明日から始まる「英雄の生涯」、これまで何度も弾いているはずなのにあまりにチェロのことしか見ていないことに気付いて(かなり恥ずかしい話だ)、銀座のヤマハまでスコアを買いに行った。こういうのを泥縄と言うのか。

Ginza1

手に入れたオイレンブルクのポケットスコア日本語版には、解説に加えて主題やモチーフの譜例、さらにドイツ語の楽語の翻訳までついていて至れり尽くせりだった。

2011年5月 6日 (金)

水のようになくてはならない

読む本を探して本屋の書棚をさまようのは大きな楽しみなのだけれど、すぐ増える本は置き場所に困る。最近は自分の本棚に眠っている読みかけの本や内容を忘れた本を読むようにしている。
読み終えたばかりなのがアガサ・ファセット著「バルトーク晩年の悲劇」(原題はThe Naked Face of Genius  Bela Bartok's Last Years)。学生の時に読んだはずなのに、まるで初めて読むようだった。例えば、時代の波に翻弄されたバルトークが困難な時期に作曲した「オーケストラのための協奏曲」の成立状況を知ると、気軽には彼の曲を弾けなくなる。

日曜日から「英雄の生涯」のリハーサルが始まるのでさらい始めた。忘れる、といえば何度も弾いているはずの「英雄の生涯」も、もちろん最初のページの景色は憶えているが、めくるたびに初めて見るような音符が並んでいて自分の忘れ具合には毎度感心させられる。やれやれ。

都内の大学オーケストラのチェロを時々見ている。その大学は地震の影響で卒業式も入学式もなくなり、授業はようやく始まるそうだ。まだまだ影響はある。

昨日同級生からもらったメールの中にこんな一文があった。
「水のようになくてはならない40オヤジでいこう」
かっちゃん、ありがとう。

2011年5月 4日 (水)

同時に複数の

普段の仕事では一つの建物に複数のオーケストラが同居することはあまりない。でも国際フォーラムで、昨日は桐朋学園のオーケストラ、今日は新日フィルやHPACの人たちに会った。中には本当に久しぶりに会う人もいて楽しかった。
今日の都響はブラームスの1番を演奏した。明日からはいつもの仕事に。

2011年5月 3日 (火)

ラ・フォル・ジュルネ

今年のラ・フォル・ジュルネは海外から演奏家が来ないという問題に加えて、余震で国際フォーラムのホールAとBが使えなくなり、きっと事務方は大変だったろうと思う。規模も小さく、垂れ幕もなく、ちょっとさみしい感じだ。

Kokusaiforum

例年都響はホールA(5000人くらいの定員)で演奏するのだけれど、今日は地下2階の展示ホールで0歳児から入ることのできる演奏会。こういう催しも開放的で楽しくていい。

Tenjihall

2011年5月 2日 (月)

さっくり

今日発売のサラサーテ40号、小さな連載「チェリストの眼」のテーマは「演奏者と楽器」。僕と楽器との関わりが書いてあります。諸事情によりこの連載は今号で終了します。お読みくださった方々、本当にありがとうございました。

痛い話。
今日からラ・フォル・ジュルネが始まった。薄暗い舞台袖で開演10分前、弦についた松脂を落とすために布を取ろうと楽器ケースに手を入れたら・・・。右手の人差指と爪の間に5ミリくらいの何かがさっくり入った。ありがたいことに都響の道具箱には毛抜きが入っていて、すぐステージのおち君が取ってくれた。幸い大きな痛みもなく演奏もできる。
帰宅してから楽器ケースの中を掃除した。ゴミだらけかと思ったら悪さをしそうな何かはほとんどなく、奇跡的な確率でトゲが僕の指に刺さったことがわかった。やれやれ、トラブルが起きるのはこういう時なのかもしれない。

2011年5月 1日 (日)

目先ではなく

先日憧れるチェリストの演奏に間近で接して、なるほどこうなのか、といくつも強い印象を受けた。今さらう材料はたくさんあるのだけれど、昨日演奏会の後プールでよく体をほぐして、今日は休み。僕が60歳になるまであとたった20年しかない。目先ではなく、20年あるいは40年という長さで見て最良の演奏ができるようには、と考えるようになった。

銀座のライカギャラリーで開かれているロバート・キャパの撮ったヘミングウェイの写真展を観にいった。たまたま向かいのギャラリーで草間彌生作品展をしていて、ふらりと入ったらおもしろかった。画廊の人の画の値段まで含めた説明も、あまりにさばけていておもしろかった。

Kusama

5月14日からは東京都写真美術館でジョセフ・クーデルカの写真展が始まる。こちらも楽しみ。http://www.syabi.com/contents/exhibition/index-1353.html

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »