« ダラピコラダラピコラ・・・ | トップページ | 5月21日宗次ホール »

2011年5月18日 (水)

断片的な提示

ブルックナーの交響曲は2番から9番まで弾いたことがある。今日何年ぶりかで2番を弾いて、例えば7、8、9番に比べれば試行錯誤の途中と感じる箇所はあるけれど、音楽はとても純粋と思った。

終楽章のコーダの前に第1楽章の主題が断片的に提示される。
この書き方からベートーヴェンの後期の弦楽四重奏を連想し、作曲の子にそのことを聞いてみた。僕はその断片の提示にだけ気を取られていたのに、彼女はもっと広くとらえて、和声の構造から考えてコーダの前に提示が置かれていることに意味があるのでは、と分析してくれた。うーん、なるほど。

その話はゲネプロの後だったので、では本番で気にしていよう、と思っていたら。気づいたときには弾き終わっていた。

« ダラピコラダラピコラ・・・ | トップページ | 5月21日宗次ホール »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.10.04)
  • (2017.08.21)
  • (2017.08.25)
  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)