« 「おはようございます」 | トップページ | 素直にもう一度 »

2011年7月16日 (土)

羽が生えたように軽々と

フランク-ペーター・ツィンマーマンとのベルクのリハーサルは今日1回だけ。この曲は今までに2度ほど弾いたけれど実は苦い感触ばかりだった。それが今日は別の曲のようにすんなり進んだ。

ベルクのヴァイオリン協奏曲は、多分難しい曲だと思われるのに、ツィンマーマンは曲と一体となって、羽が生えたように軽々弾いた。ボウイングの見事さは特筆すべきものと思う。最初、音は大きくないように感じたけれど、オーケストラ全体が鳴っても関係なくよく聞こえる。不思議だ。

東京の暑さには猫もまいっている。

Nerimacat

« 「おはようございます」 | トップページ | 素直にもう一度 »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)
  • (2017.02.27)