« あちこちに、「魔弾の射手」から | トップページ | 圧倒的な力 »

2011年8月29日 (月)

秋の気配

教えに行っている大学オーケストラは秋の演奏会でバルトークのオーケストラのための協奏曲に取り組む。

Rikkyo

この前の演奏会でチャイコフスキーの4番を弾いた彼ら彼女たちにプログラムの相談をされた時、もちろん素晴らしい曲だしバルトークもきっとできる旨答えた。でも先日久しぶりに音を出してみたら思いの外難しかった。桐朋に入った1年目の3月に初めてこの曲を弾いた時、なかなか譜が読めなくて苦労したのだった。
今日様子を見に行ったら難儀していた。それはそうだろう、大学に入ってからチェロを始めた子もいるもの。小学校1年生の2学期にいきなり微分積分をやるようなものだ。

それにしても若い人たちがまぶしく見える40歳の夏、今朝の東京は少し秋の気配が感じられた。

« あちこちに、「魔弾の射手」から | トップページ | 圧倒的な力 »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.10.19)
  • (2017.10.04)
  • (2017.08.21)
  • (2017.08.25)
  • (2017.07.11)