« 500年前の | トップページ | 野菜、林檎、郡山 »

2011年11月20日 (日)

謎の多い楽譜

今度はバッハの2番の組曲を弾きたいと思って、楽譜を作っている。新しいベーレンライター版の、アーティキュレーションの全く書いていない楽譜に、マグダレーナ・バッハの手稿譜のスラーを写していく。何年も前に作っているのだけれど、もう一度やり直すことにした。

002

同じ音型で毎回スラーが違っていたり、スラーの始まりと終わりが不明瞭だったり、というマグダレーナ・バッハの楽譜の謎にまたぶつかっている。でも1番の組曲よりはずっと謎が少ないように思う。書いた本人は、まさか300年後に極東の島国で、楽譜を見つめながらこのスラーはいったいどこからどこまで?と頭を悩ましている人間がいるとは思わなかっただろう。
フレーズの長さ、行き先を読み取ろうとすると、とても即興的に書いてあることに気付く。バッハの音楽に前よりは少し近づけるだろうか。

« 500年前の | トップページ | 野菜、林檎、郡山 »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.08.21)
  • (2017.08.25)
  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)