« ウィーンフィル、駒、五輪書 | トップページ | ドヴォルザーク独特の »

2011年12月 2日 (金)

見ずに

駒が低くて、弦をはじく時どうしても雑音が入るしあまり音量も出ない。実際に必要な高さはおそらくあと0.5ミリとか0.7ミリくらいのことだと思う。駒のアーチと指板のアーチ、指板の反り具合など、きっとかなり微妙な塩梅があると思う。

恥ずかしながらこれまでずっと、チェロを弾く時は左手を見つめてきた。見たって別に音程がよくなる訳でなし、むしろ指の動きに気を取られている時は耳がふさがって音を聴いていないことがあった。録音を聴くとそれはよくわかる。
今とにかく見ないようにしている。よちよちのピアノをさらう時も鍵盤を見ないように。見ないで音を聴く。見ない方が音に集中できるし、音程も取りやすい。もう少し早くこういうことがわかっていれば、とは思う。僕のチェロはようやく始まったばかりだ。

« ウィーンフィル、駒、五輪書 | トップページ | ドヴォルザーク独特の »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.10.19)
  • (2017.10.04)
  • (2017.08.21)
  • (2017.08.25)
  • (2017.07.11)