« ひと安心 | トップページ | 少しは良く »

2012年2月10日 (金)

いかにさらわないか

昨日も今日も都響のリハーサル後にチェロアンサンブルの練習。
同じ楽器のアンサンブルは音色が似ているので、例えば弦楽四重奏よりもずっと、必要な声部が浮き立つのにエネルギーがいると思う。昨日弾き過ぎてしまったので今日は気を付けた。今回の都響チェロアンサンブル、皆よくさらっているような気がする。

本番前、以前はいかにさらうかだったけれど、今はいかにさらわないかということを考えている。残念ながらもうがりがりさらう年代ではないし、弾いていればいいというものでもないだろう。

明日の都響はラフマニノフプログラム。「岩」より交響的舞曲より、やはり2番のピアノ協奏曲がラフマニノフらしいと思えてしまう。

« ひと安心 | トップページ | 少しは良く »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)
  • (2017.02.27)