« 断片が少しずつ | トップページ | 音の海の中に »

2012年3月28日 (水)

説明のできない

仕事で必要なもの以外オーケストラの曲をiPodに入れることはないのだけれど、ベルリオーズの幻想交響曲を取り込んだ。

何年か前のサイトウキネン、前半デュティーユさんの新曲と彼の若い時の曲(これが難しかった)、後半に幻想というプログラムの時があった。
数回の演奏会のうち、前半が必ずしもうまくいったとは言えなかった後の幻想がとりつかれたように素晴らしかったことを覚えている。何がどう良かった、という説明のできないすごさがあった。そういう瞬間に時々出会えるのがオーケストラの醍醐味かもしれない。

幻想を弾きたくなった。

« 断片が少しずつ | トップページ | 音の海の中に »

音楽」カテゴリの記事