« 低い弦ほど距離が増えるテールピース(続き) | トップページ | 難しさの一つは »

2012年4月17日 (火)

前回よりずっと

今日からショスタコーヴィチの10番のリハーサルが始まった。
どうしても去年弾いた時のことを思い出してしまう。(2011年6月9・11日の日記をご覧ください http://ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-8c78.html)もちろんインバルは楽譜を見て振っている。

僕に関して言えば、前回よりずっと曲の全体が見渡せるようになった。一つ歳をとるのもそう悪くない。
先月中旬にインバルが来て新世界に始まり、ショスタコーヴィチの4番、「大地の歌」、ペトルーシュカ、火の鳥、ブルックナーの7番、今回のショスタコーヴィチの10番とずっしりした曲が続いた。他の仕事で他の曲を弾くとずいぶん軽く感じる。

さてもうひとがんばり。

« 低い弦ほど距離が増えるテールピース(続き) | トップページ | 難しさの一つは »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.10.19)
  • (2017.10.04)
  • (2017.08.21)
  • (2017.08.25)
  • (2017.07.11)