« 深々と | トップページ | カーテンを開けてみたら »

2012年4月27日 (金)

立体的で複雑な

今日からHPAC(兵庫芸術文化センター)での仕事が始まった。
HPACオーケストラのメンバーの任期は3年。前回一年半前に来たときとはずいぶんメンバーが入れ替わっている。管楽器は外国からも多く来ていて、知らない人のソロを聴くのは楽しいし、オーケストラ全体としてもだいぶ仕事がしやすくなったように感じた。
(2010年9月21、23、25日の日記をご覧くださいhttp://ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/hpac.html)

やはり一年半ぶりの大阪、梅田駅周辺は大きく変わっていて驚いた。立体的で複雑な動線を持つ未来都市のようだ。もちろん自然は1ミリもない。

002_1

仕事の後、夕方の光線の中をカメラを持って歩いた。

« 深々と | トップページ | カーテンを開けてみたら »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)
  • (2017.02.27)
  • (2016.12.15)