« 立体と平面 | トップページ | 思い出す »

2012年4月 4日 (水)

もう少しふくよかに

予報どおり、昨日はひどい雨風だった。
ふらふら出かけることはできず、今日から始まったストラヴィンスキーのペトルーシュカと「火の鳥」の譜読みをぐじぐじしていた。

前は要警戒だったストラヴィンスキーの変拍子は、最近すこし楽しくなってきた。インバルの指揮は時々便宜的ではあるけれど、明快だ。
今回の「火の鳥」は1910年版。僕には冗長に感じられるところがあり、よく演奏される短い1919年版の方が凝縮されていて効果的だと思う。どうしてもストラヴィンスキーは打楽器的、打撃的になるので、もう少し音がふくよかになればなぁ。

« 立体と平面 | トップページ | 思い出す »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.08.21)
  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)