« 雨の日に | トップページ | 弓使いのつたなさを »

2012年5月17日 (木)

耳と心と体をもっと開いて

本棚同様、CDも棚に入りきらなくなり、この頃は買うのを控えるようにしている。
でも、先日試聴して以来気になっていたエンリコ・ディンドの録音を買いに新宿タワーレコードへ出かけた。

004

売り場が移動していて驚いた。前は9階にジャズと並んであったのに(けっこういい感じだった)、最上階がクラシック専門フロアになっていて、なんだか隅に追いやられたような気がする。でも今や店頭でCDを買うにはタワーレコードが頼みの綱だ。
ディンドの弾くバッハの組曲は、あまり考え込まず、美味い肉を食べていいワインを飲んでふくよかな音で広々歌おうよ、と言っているような気がする。

今日は一つ仕事をしてから広い部屋でさらった。善意の押し売りのようにただ一生懸命弾くのではなく、耳と心と体をもっと開いて弾けないだろうか。
新しい気持ちでさらったら少々くたびれたので、北千住まで出て町を散歩した。通りを一本曲がるだけで迷宮に入りこむような気がする。猫がのびのびしている町はいい。

005

006

008

« 雨の日に | トップページ | 弓使いのつたなさを »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)
  • (2017.02.27)
  • (2016.12.15)