« 弓使いのつたなさを | トップページ | まいった »

2012年5月20日 (日)

新しいカメラ

これはもう病気のようなもので、時々、数か月に一度、合理的論理的な必要性なしにカメラが欲しくなる。
物欲というのは、本当にその物が欲しいというより、心のバランスがとれていない時に現れるものだと思っている。ということは僕の心も救いを求めているということか、うーむ。

ペンタックスのK-01

201205200851001

初めて見た時は、どうしてこんなデザイン重視で中途半端なものを出してしまったのだろう、とあきれていたのだけれど、ヨドバシカメラを通る度に触っていたら欲しくなってしまった。僕はころりとした形のものに弱い。冷静に考えれば、この価格帯ならオリンパスやソニー、ニコンを選ぶべきだろうに。
結局手元のカメラやレンズの、あれとこれとそれとあれを手放して40ミリレンズのついたK-01と、かねてから使いたかった21ミリレンズを手に入れた。

これまでのカメラはどうして似たり寄ったりのあの形で、しかも黒だったのだろう。K-01を使ってみて、今までどうしてカメラはこの形じゃなかったのだろうかと思う。使いやすい。もちろん好き嫌いの問題はある、でもデザインをしたマーク・ニューソンは素晴らしいセンスを持っていると思う。
画質は好き。ただし、ゴムでできたグリップが外れやすいことはいただけない。もう一つ、オートフォーカスは遅い。まぁ、あばたもえくぼ、ということにしておこう。

普段35ミリレンズを使っていて、もう少しゆったりしていればと思うことはあった。でもそれを28ミリにしてしまうと僕には遠近感が誇張されすぎる。だから換算32ミリ弱の21ミリレンズは実に心憎い。

003_2

001_2

Bike

とびきり薄い40ミリレンズも面白い。換算60ミリというのは、50ミリではまだ形が歪んでしまうと感じられる時にいいかもしれない。僕の感覚では標準レンズというより望遠だ。

006

010

21ミリと40ミリ、この2本のレンズがあれば僕の見ているものほとんどをカバーできるような気がする。
ところで、専用日食グラスも買ったのだけれど明日の天気は大丈夫だろうか。

« 弓使いのつたなさを | トップページ | まいった »

趣味」カテゴリの記事