« 新しいカメラ | トップページ | 14年前の夏 »

2012年5月21日 (月)

まいった

ちょうどリングになるところで雲に隠れてしまったのだけれど、どうにか金環日食を見ることができた。あの時間、陽の光は弱まり世界は知らない暗さの色になった。昔の人たちはきっと恐れおののいたことだろう。

今日の演奏会のソリストはアントニオ・メネセスでシューマンのチェロ協奏曲。
昨日のリハーサルで彼がオーケストラに向いて弾いた時、意外と音が出てないような気がしたのだけれど、とんでもない、文化会館のステージでは深々と実によく通る音だった。他の楽器の人に、この曲簡単なんだね、と言われてしまった。まいった。うーん、格が違う。それぞれのフレーズの終わる音まで見事だった。チェロはあぁやって弾くんだなぁ。

文化会館大ホールの上手袖には車と巨大な帽子があった。ウィーン・フォルクスオパーの舞台装置だそうだ。

Bunkabus

« 新しいカメラ | トップページ | 14年前の夏 »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.10.19)
  • (2017.10.04)
  • (2017.08.21)
  • (2017.08.25)
  • (2017.07.11)