« 自分の置かれた環境は | トップページ | 演奏会の予定を »

2012年7月25日 (水)

絵を見に行ったのか人を見に行ったのか

夜は上野の文化会館で本番だったので、午前中に東京都美術館で開かれているマウリッツハイス美術館展へ。
人の多さに辟易した。絵を見に行ったのか人を見に行ったのかわからない。

同じ都美術館の地下ギャラリー、「生きるための家」展が思いの外おもしろかった。
http://www.tobikan.jp/museum/2012/artsandlife2012.html
新聞に折り込まれる住宅広告を見てあれこれ空想するのが毎週金曜日朝の楽しみだったのに、最近はどの家も画一的な間取りになってつまらないと感じていた。だからこの展示を見て、実現が難しそうなものも含めて、様々なアイデアを持った家の模型が想像を解き放ってくれるようだった。

« 自分の置かれた環境は | トップページ | 演奏会の予定を »