« もう増やさないと思っていた | トップページ | ゆっくりとした時間の流れが »

2012年8月 4日 (土)

易しく感じられた

今日の演奏会は短かったけれど(ブルッフのヴァイオリン協奏曲、ドン・ファン、死と変容)、密度は高かったし、実際たくさん弾いた気がする。ときどき、演奏会は2時間より短くてもいい、と思う。

サントリーの舞台で新しいエンドピンを試そうと楽しみに行ったら、たまたまあるチェロを少しの間弾かせてもらえた。うーむ、やっぱり楽器か。力強い音と音離れのよさと、チェロを弾くことが易しく感じられた。よかったなぁ、と同時に弾かなければ良かった、という思いも。宝くじが当たらないかなぁ。

もちろん、新しいエンドピンは予想に違わずよかった。
さてしばらくの間、ゆっくり譜読みをしよう。

« もう増やさないと思っていた | トップページ | ゆっくりとした時間の流れが »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.08.21)
  • (2017.08.25)
  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)