« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

みなとみらいでの「復活」、昨日とは違った景色が見えた。

インバルの指揮するマーラーの交響曲は、すべての演奏会にCD制作用のマイクが立っている。昨日の東京芸術劇場でも今日のみなとみらいでも録音した。おそらくどちらかの演奏を基本テイクにして「ライヴレコーディング」として発売されるのだと思う。
残念ながら一つ一つの演奏が無傷であることは滅多になく、録音には編集作業が加わる。(僕の持っているバーンスタイン指揮ニューヨークフィルの「復活」は終楽章でチェロの誰かがはっきり音間違いをしているのがわかる。それはそれで親しみを感じるのだけれど)
今日のゲネプロは実質、これまでばっちりではなかった箇所、演奏上危険な箇所の編集用素材を録るためのパッチセッション(部分部分を録音する)だった。

音響やマイクセッティングの違う演奏会場で録音したものを組み合わせて一つにする、ということは、当然それを補正する技術、ホールの音響データがある、ということだろう。
それなら、どこかの録音スタジオで楽器別に多重録音して、例えばウィーンのムジークフェライン風、とかアムステルダムのコンセルトヘボウ風の音でCDを作ることもできてしまうんだろうか、と思ってしまった。

少し前、9月2日の日経新聞に作家いしいしんじさんの「雷鳴とタイムマシーン」という文章が載った。蓄音機の話だ。下記に引用させていただきます。

『・・・京都で借りている木造家屋の、わりと広い座敷、まんなかに蓄音機を置き、ゼンマイを巻いてから、あまり期待もせず、エルヴィス・プレスリーのSPレコード「ハウンド・ドッグ」をターンテーブルにのせ、針を落とした。
 真っ暗になった。雷鳴が走る。家が揺れ、空気が光り、台所でだしをとっていた妻が、
「なに、どうしたの!」
 と、たまじゃくしを握ったまま駆けこんでくる。畳一畳分後ろにふきとばされた僕は、アウアウ、とことばにならない声をあげ、右腕をのばし、レコードのまわるターンテーブルを指さしている。
 そこにエルヴィスがいた。
 ・・・・
 SPレコード自体、のちのLPレコードやいわゆるドーナツ盤とちがって、電気による圧縮なしに、演奏されているスタジオの空気振動が、ダイレクトに盤面に刻まれた、いわば音の原板だ。蓄音機も電気を使わない。LPやCDのように、アンプによって拡大された電気信号音がスピーカーから出てくるのでなく、SP盤上の横揺れが、そのまま版画のように、いま現在の空気を震わせ、木のボディが共鳴して音楽となる。懐古趣味なんてとんでもない、過去と現在の空気が、音楽によって直結され、煙をたてて発火する。
 ・・・・』

ずいぶん前、僕も蓄音機でカザルスのSPレコードを聞かせてもらったことがある。気味が悪いほどなまなましかった。なるほど、確かに電気的な何かは介在していない。

チェロで音を出すのはとても幸せだ。楽器を弾く技術に拘泥して気づかなかったのだけれど、気持ちにある何かを、そのまま音へ、空気がふるえる何かへ。

2012年9月29日 (土)

「復活」の本番の後もう一つ仕事をしたら、楽しかったのだけれど、ちょっとくたびれた。夜はさすがにさらうことも譜読みもできず、ピアノを少し触って、チェロのまだ新しくしていなかった1番線を交換した。

岩波書店の雑誌「図書」10月号が届いた。http://www.iwanami.co.jp/tosho/
本当のところはどうか知らない、でもこの雑誌に掲載されている文章の多くには、書く人は書きたいことを書き、それに共感する人が読んでくれたらいい、そんなスタンスが見えて好きだ。
巻頭の短い文章は森山大道さん。来月、ロンドンのテート・モダンでウィリアム・クラインと森山さん二人の写真展が開かれるそうだ。おもしろそうだなぁ。
おもしろそう、たとえ海外でも気持ちをひかれる展覧会があったら、数日時間をつくって飛行機のチケットを買って(かなうことなら広い座席で)ぱっと見に行ってしまう、そんな人はきっといるのだろう、と夢想した。

明日はみなとみらいで「復活」。ちょうど終演時間頃、速度を上げた台風の影響で大荒れの天気だろうか。

2012年9月28日 (金)

ぱっと起きて、午前中映画を観に行った。
「最強のふたり」 http://saikyo-2.gaga.ne.jp/
よかった、映画を堪能した。このところアメリカのアクション映画ばかりだったから、フランス映画は新鮮だった。映画づくりの伝統を感じた。春から少しだけかじったフランス語はほとんど聞き取れず残念。
音楽の使い方も上手だった。主人公ドリスの、音楽や美術に対する姿勢が自由でよかった。「芸術とは・・・」「人生とは・・・」なんて深刻にやりすぎると滑稽になるもの。

いい気分転換をして頭の中に少しすき間ができたところで今日も譜読み。藤倉大の「ミラーズ」。
すでに空き時間に何人かで分奏もした。難しい。音が飛びすぎる。昔何かの本で読んだ「鼻からスパゲッティを食べる」というフレーズを思い出した。不可能ではないだろう、しかし・・・。

秋の演奏会シーズンを前に、弦を交換している。下2本をスピロコアのタングステン(ヴォルフラム)にするつもりで買ってあったのだけれど、普通の弦の調子がいいので、この太い弦で新しくした。
録音の仕事をしている時には、タングステンの細い弦だったらもっと反応がいいかも、と思ったりするけれど、出にくい音をどうにか出そうとするところがいいのかもしれない。その労力はきっと無駄ではない。
それに最近のヴォルフラムの値段にびっくりした。レアメタルではある。でも普通のスピロコアの倍以上、3倍くらいだろうか。下の弦は新しいほど多く、高い音に倍音が乗るから、安い弦を頻繁に変えた方がいいのかもしれない。

チェロの低弦に関して、多分スピロコアのシェアは圧倒的だと思う。どこの楽器店でも買えるこの弦の製造を、もしトマスティーク社がやめたら、世界中のチェロの音が変わってしまうのではないだろうか。

こんなことを思ったのも、あの地震の後あるのが当たり前だったもの、例えば電池とか納豆とか、店頭から消えたことをふと思い出したから。
10月1日には仙台でソロや室内楽の演奏会がある。僕が案じたところでどうにもならないのだけれど、台風が近づいてきた。

2012年9月27日 (木)

演奏会の予定を

演奏会の予定を更新しました。http://ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/ensoukai.html

10月11日サントリーホールでの藤倉大「作曲家の個展」の中でミラーズ(チェロアンサンブル)に出演します。
10月20日には島根県川本町でNHKの公開収録があります。(すみません、募集を締め切っていました)
10月30日ギャラリー蒼での演奏会、18時30分からの回は残席少です。どうぞお早めに。
11月11日には宗次ホールで無伴奏のとんがった演奏会があります。がんばります。

2012年9月26日 (水)

最近の都響は八王子のオリンパスホールで「復活」のリハーサル。

何回目かの「復活」を弾きながらいろいろなことを発見した。マーラーを信奉している方々には怒られるかもしれないけれど。
第3楽章の中ほどにはバッハのブランデンブルク第3番の終楽章と同じモチーフや(スコアをお持ちの方はチェロの231小節から4小節間を参照してください)、ドラえもんのモチーフ(同じくチェロの263〜265小節)がある。終楽章の300小節あたりはなんだかミッキーマウスマーチのように聞こえてきた。

八王子は上野よりはちょっと遠い、でも広い空間で練習できるのは快適だ。

121001lcwhachioji1


121001lcwhachioji2

2012年9月25日 (火)

日めくりのカレンダーを、毎日何枚かずつもぎとっているように時間が飛び過ぎていく。もうすぐ10月じゃないか!

Untitled_5

夏の読書だったグロスマンの「人生と運命」は秋の入り口になって2冊目を読み終わった。明日から3冊目。読みながら、清潔で凍えることも飢えることもない今のこの国に生きていること、このことだけで感謝しようと思う。

2012年9月23日 (日)

火曜日からマーラーの「復活」が始まるので、楽譜をひっぱり出して読んでいる。
「復活」で好きなのは第2楽章だ。でも、真ん中あたり、3連符にダブルシャープだのナチュラルだの、臨時記号がくちくちついているところは好きではない。何度も弾いているのに初めて弾くようだ。あぁ、これも録音されるのだった。こちらの頭までくちくちになる。

9月1~4、12日の日記に写真を加えました。
http://ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/index.html

2012年9月22日 (土)

運命的な

文句ばかり言っていたら急に涼しくなった。10月に入るとすぐ、仙台と南三陸町に行く。その頃は肌寒くなっているだろうか。

今日の都響はブラームスの4番。帰宅してからはやはりブラームスのピアノ三重奏をさらった。
この秋はブラームスづいている。10月半ばに1番と3番の交響曲を弾き、その後クラリネット五重奏、それから1番のピアノ三重奏の演奏会がある。3番と4番の交響曲とクラリネット五重奏にはいくつもの共通点に気付くし、晩年に改訂されたピアノ三重奏も後期の響きを持っている。
中でもクラリネット五重奏には特別な何かを感じる。この曲の最後、八分音符と四分音符でつくられるモチーフには、運命的なものがこめられているのではないだろうか。

2012年9月21日 (金)

すべてのことをほうり出して

松本から帰って以来全力疾走が続き、少々体には負担がかかっていたし、髪の毛は逆立っていたと思う。
今日は休み。完全に休み。抱えているすべてのことをほうり出して一日過ごした。さて、明日の朝からまたがんばるぞ。

2012年9月19日 (水)

むし

Cocolog_oekaki_2012_09_19_20_31

時々楽譜に落書きする「むし」の絵

2012年9月18日 (火)

幸せで丸い

初めてイタリアに行った時、エスプレッソの美味しさに感激した。
もちろん現地でエスプレッソメーカーも買い、日本に帰ってからあの幸せで丸い味の再現に苦心した。

けれどしばらくして、その再現はあきらめてしまった。ガスコンロにかける僕の小さなエスプレッソメーカーでは、どだい、イタリアのバールに置いてある高圧の蒸気でコーヒーを抽出する機械にはかないっこないし、例えば日本の最上の蕎麦の材料をイタリアに持っていって作っても、きっとうまくないような気がする。
日本のものは日本で、イタリアのものはイタリアで食べればよい。もし美味しいパスタやジェラート、エスプレッソを味わいたければイタリアに行けばいい。それだけのことだ、と思っていた。

何年もそう思っていたのに、久しぶりにその小さな道具でエスプレッソを淹れてみたらびっくりするくらい美味しかった。どうしてだろう。
エスプレッソにはどっさり砂糖を入れて飲む。夕方になってくたびれてきた僕の頭もこれでまた元気になる。そうしたら再び楽譜の山と格闘できる。

夏前からわかっていて、それなりに準備はしていたのだけれど、今、ものすごい量(少なくとも僕としては)の譜読みを抱えている。
音符が体に入るには何日もかかるし、様々なリハーサルや演奏会のスケジュールが錯綜しているから上手に時間を使わなくてはならない。ゆっくりさらうことはもうできないので、自分のできていないことを的確につかんで、入り組んだ迷路を抜けていくスイッチを一つずつ入れていくしかない。

10月にはとても近い日程でチェロアンサンブルが二つあり、どちらもひどく音域が高い。10月末から弾くペンデレツキの無伴奏もぎょっとするほど音が高く、きついなりに5オクターヴ目のポジションに習熟できてよいのかもしれない。

今全体を見渡すとくらくらしそうなので、目の前のことに集中しよう。

2012年9月16日 (日)

今日の都響はみなとみらいで「巨人」。
インバルはこの曲の冒頭を「nature」と言っていた。僕にはやはり森に思える。広いホールで大きな編成のオーケストラがつくる音場はそのまま森のようだ。弦楽器が小さい音でずっと伸ばしているさまざまな高さのラの音は、森の中に入った時聞こえているのか聞こえていないのか定かではないけれど、でも確かに無意識の中に入ってくる背景のノイズだと思う。その中に姿はまだ見えない様々な生き物の気配がかすかに聞こえはじめる。
(2008年の近況報告、No.224もご覧ください。http://ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/kinkyouhoukoku2008.html

雑誌「図書」9月号、池澤夏樹さんの「『玉台新詠集』と漢詩のやわらかい訳」という文章の中に、毎日新聞の書評欄「今週の本棚」のことが書いてあった。少し引用させていただきます。

『・・・あまたの新聞書評欄の中でも毎日の「今週の本棚」は際立っている・・・
 これほどの違いが生じた理由は、二十年以上前、毎日新聞がこの欄を丸谷才一さんに預けたことである。日本の書評がいかにも底が浅いことを嘆いていた丸谷さんはこれを機に思うかぎりのことをした。
 具体的には、一冊の本に与える字数を従来の倍ほどまで増やし、書評者を厳選し、任期に期限を設けることを廃し、集まって会議を開くことをやめて書評対象を各自勝手に選ぶことにした。・・・』

日曜日の新聞が好きな理由の一つに書評がある。でも僕が購読している新聞の書評は、最近あまりおもしろくないなぁ。なぜだかおもしろくない本を多く選んでいるような気がするし、あぁこの人は仕事で仕方なく書評を書いているな、というのがわかる時もあるし、書評欄なんだからもっときちんと文章を書ける人に、と思うこともあるし・・・。新聞によっては、編集方針だろうか、毎週同じような本が取り上げられているところもある。これでは説教されているみたいだ。

みなとみらいからの帰り、コンビニに寄って毎日新聞を買ってみた。はたして「今週の本棚」は3ページもあり、字がぎっしりでくらくらしそうだった。今日も暑さに怒っている僕は井村屋のあずきバーを買って頭を冷やした。

2012年9月15日 (土)

今日は9月15日、ちょっと前だったら敬老の日だというのにこの暑さ。まったくpout どこに怒りをぶつけたらよいのやら。

都響はインバルの指揮で「巨人」の初日だった。この曲の最後はわかりやすく二長調でぱんぱかぱーんと終わる。本番の舞台で弾きながら二長調というのは本当に明るい調だ、と思った。レ・ファ・ラ、すべての音が明るい。

今週は「巨人」のリハーサルと並行してずっと室内楽のリハーサルをしていた。ブラームスのクラリネット五重奏、シューマンのピアノ四重奏、シューベルトの四重奏断章、どれも弾いたことがあるのに、こんなに素晴らしく心ときめく曲だとは知らなかった。年はとるものだ。

2012年9月13日 (木)

画像を

8月24日の日記http://ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-cd56.html
8月30日の日記http://ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/3-c0ec.html
に画像を加えました。

2012年9月12日 (水)

駅前のブタ

昨日の都響は新装成った東京芸術劇場で小学生向けの音楽教室。
聴衆としてホールに行く時の、空中回廊のような長い長いエスカレーターがなくなったのはちょっと安心した。(これまでよく大きな事故が起きなかったものだと思う) ただ楽屋口と7階にある舞台を結ぶ2基のエレベーターが、1基の大きなエレベーターに変わっていた。どんな時でもするすると行き来ができていたのに、今度はずいぶん待っていなくてはならない。合唱が入ったりなど、編成の大きな時のことは考えたくなくなる。大型楽器の搬入をする訳でもなし、どうしてこんなことをしたのだろう。

121001lcwikebukuro

エレベーターと言えば、タワーレコードの入っている新宿フラッグスの2基のエレベーターはいつもとても近い階にいる。両方とも地下にいたりとか、上の階にいたりとか。そうではなく、一つが低い階、一つが高い階に、と互い違いに動いてくれたら便利なのに、といつも思う。なぜだ?
マーフィーの法則によると、エレベーターのボタンはいつも向いた方と反対側にあるそうだ。さらに言えば、いつもエレベーターは行ったばかりでしばらく降りてこない。

ところで、松本の駅前にはたくさんのブタがいる。

120831lcabuta

120824lcabuta

120821lcabuta

2010年8月31日の日記 http://ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-acbc.html 
2009年8月25日の日記 http://ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-f5ef.html 
もあわせてご覧ください。

Untitled_9

2012年9月11日 (火)

もう9月中旬だというのに、東京は今日も熱帯夜。

こんなに暑くても、夜に開かれるオーケストラの演奏会では燕尾服を着ることが多い。燕尾服のズボンは腰まですっぽり覆う丈があり、上半身はシャツの上にベストを着て蝶ネクタイを締め、しっぽのついた上着を着る。
つまり、防寒の下準備をして舞台に出ていくようなものだ。今風に言えばまったくエコでない。誰かが本番中に熱中症で倒れたりしたら、この古風な風習も見直されるのだろうか。

自分で服装を決められる演奏会の時はシャツを着て上着なし、ということが多い。荷物が軽くすむし(燕尾服の一そろえはずしりと重い)、しかも動きやすい。言うことなしだ。
ただ、どんなシャツを着るかはあまり簡単ではない。例えば、最近気に入ってよく着ていたシャツは白地に黒で模様がプリントされていて、そこがいいところなのだけれど、遠目にはただの白シャツにしか見えないらしい。がっかり。
そして、張り切って買いに行くと見つからないことがほとんどだ。だから何となく店に入った時でも、!とひらめくシャツがあったら買うようにしている。そのひらめきが最近あった。この秋の演奏会が楽しみ。

2012年9月10日 (月)

帰京。
松本で撮ったフィルム(3本もある、何が写っているか楽しみ)を現像に出し1本の現像を受け取り、伸びてハリネズミのようになった頭を散髪し(今回はなんだか少し変だ)、よちよちピアノをさらい、プールに行き、経済ニュースを見、日常が戻ってきた。

昨日、原田禎夫さんにブラームスのクラリネット五重奏の指使いを何カ所か丁寧に教えていただいた。もちろん、忘れないようすぐ楽譜に書き込んだ。実際弾きやすいし、指使いを考えるヒントも教えていただいて本当にありがたかった。松本では間近に音を聴き姿を見、多くのことを学ばせていただいた。
帰宅して、禎夫さんの弾いている録音をあらためて聴いたら(東京カルテットとストルツマンのクラリネット)やはり素晴らしかった。憧れる演奏だ。

今晩放映された「プロフェッショナル」は高倉健さん。よかったなぁ。もともとこの映画は見に行くつもりだった、きっと見に行こう。

2012年9月 8日 (土)

「小さな空」

昨日の演奏会のアンコールはピアノ、オーケストラ、合唱のために編曲された武満徹さんの「小さな空」。
ピーター・ゼルキンのソロで始まる冒頭がとても印象的だった。彼は「タッシ」というグループで武満さんの「カトレーン」の初演もしているはずだから、きっといろいろな思いを抱えていたのではないかと思う。

僕が初めてサイトウキネンに参加した96年にはもちろん武満さんもいらしていて、武満さんの曲も弾いた。浅はかな僕には白い音符ばかりのその曲はよくわからなかったのだけれど、今回彼の音楽はこんなに素晴らしかったとようやく気付いた。

松本の好きなところの一つは、街中にいても水や草の匂いがすることだ。それは東京に戻ったときに痛感する。
僕の行動範囲は駅とホテルと、途中でほぼ直角に曲がって北上する女鳥羽川と、川沿いにあるホールと、いくつかのお店と、簡単な絵地図にできてしまいそうなくらい小さい。だから時々外に行きたくなる。

今朝は長野の善光寺参り。
歩き回るには暑かったけれど、ふわふわと吸い込まれそうな路地がたくさんあって楽しかった。知らないところに身をおくと、眠っていた頭のどこかが動き始めるのがわかる。

2012年9月 7日 (金)

コントラバスの高橋洋太君がワイヤーテールピースというのを付けて調子がいいらしい。テールピースがないように見える。
(「高橋洋太のひとり言」8月31日 http://takahashiyota.seesaa.net/)

実物はまだ見ていないのだけれど、テールガットを弦に直結してしまうようなものだろうか。すると、テールピースの役割とはいったいなんだろう。

2012年9月 6日 (木)

午前中松本市美術館で開かれている草間彌生展へ。
生命力にあふれていておもしろいけれど、美術館や他の建物の中にあるものなど、大規模な展示のどこまでが本人の意志や意図なのだろう。

120906lcakusamabus

市内を走っている水玉模様の小さなバスはポップに見える。でも壁一面に掲げられた絵はむき出しの「おんな」だ。このギャップに戸惑う。

120906lcakusama4

美術館を出たら雨が降り始めた。この雨で季節が進みそうだ。
今日は通し稽古が夜に。

2012年9月 4日 (火)

松本のパルコには赤い水玉模様のかぼちゃだけではなく、水玉模様のコーラの自動販売機まであった。なんだかすごいことになっているなぁ。

Untitled_3_2

Untitled_4

(8月19日の日記をご覧ください。http://ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-25af.html)

今日から合唱幻想曲のリハーサルが始まった。ピアノのピーター・ゼルキンは、ソロの部分はもちろん素晴らしいし、木管楽器の旋律に和音をつけるところもチャーミングだった。

ホテルの部屋でさらう時、鏡が目の前にあり、それで普段あまり見ない自分の右手や左手をしげしげと見ている。
オーケストラのリハーサルでは、尊敬するチェリストの右手や左手の動きがよく見える。それが本当にありがたい。一緒に弾くことは何よりの勉強になる。ちょっとしたことが今の僕には大きなステップになるような気がする。

2012年9月 3日 (月)

深まった秋の

古典交響曲は今日のリハーサルの後、曲降りになった。あれま。でも実際この曲にしては大きな編成だ、と思っていたもの。

Untitled_7

夜になってざっと雨が降った。その後はさすがに秋の空気になった。

今週は時間があるのでさらう曲譜読みする曲をはかどらせよう。
帰ったらすぐブラームスのクラリネット五重奏の練習も始まる。以前弾いたことはあるのだけれど、初めてのような気持ちで譜読みしている。一度音を出すと、旋律がずっと頭の中で鳴っている。秋の、それも深まった秋の音楽だ。

2012年9月 2日 (日)

水の音が

大学オーケストラの合宿に少しだけお邪魔してから松本へ。

Untitled_4

Untitled_7

Untitled_2

荷ほどきの後、女鳥羽川沿いを歩いた。日曜夜の松本はひっそりとして静かだ。水の音が心地よかった。

2012年9月 1日 (土)

今日から9月。午前中、大がかりな防災訓練が行われ、東京には恵みの雨が降った。

Untitled_3

松本から戻ってくるとすぐマーラー、「さすらう若人の歌」のリハーサルが始まる。初めての曲を少し勉強したら、1番の交響曲とあわせたプログラムになっている理由がわすぐかった。うん、確かに、同じ時期に書かれたということもよくわかる。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »