« 勢いは | トップページ | スダチとカボス »

2012年10月12日 (金)

東京都写真美術館で開かれている操上和美さんの写真展「時のポートレイト」へ。
http://syabi.com/contents/exhibition/index-1653.html

たぶんとても私的な写真で、被写体も人や建物や馬といったごくありふれたものばかり、でもまぎれもなく操上さんの気持ちやその揺れが写っていると感じた。写真はこんなに自由でいいんだと思った。

最近の僕はカラーでばかり写真を撮っていたけれど、またモノクロで撮りたくなった。
写真展に行くのは久しぶりだった。特に昨日のような現代曲の演奏会は、以前はどれだけ多くさらえるかが分かれ目と思っていた。今はいかに集中して、そしてその時間外はいかにきれいさっぱり忘れられるかが、要点だと思える。肉体的に訓練できることはたかが知れている、大切なのはきっとそれを司るところだ。

« 勢いは | トップページ | スダチとカボス »

音楽」カテゴリの記事