« 様々な白鳥 | トップページ | »

2013年1月19日 (土)

今日の都響はみなとみらいホールで本番。
マーラーの5番の前に、同じくマーラーの「リュッケルトの詩による5つの歌曲」があった。歌はイリス・フェルミリオンさん。昼の演奏会がこの曲で始まるのは素敵だ。本番の歌はリハーサルやゲネプロとは別物でさらに素晴らしかった。こういう時やっぱり歌だなぁ、と思う。声にかなう楽器はない。
みなとみらいはオーケストラも室内楽も弾きやすいホールだと思う。いい演奏会だったのではないだろうか。

Untitled_9

マーラーの5番はだいぶ慣れてきた(以前1回弾いたことがある、とは思えないありさま)。音符がとにかく多いし、易しくない。なかなか手に入ってこないのは、音型のパターンが不規則だからだと思う。指が回るかどうか、よりこのテンポに頭がついていけるかが問題のようだ。パート譜の分量はだんとつでチェロが多いらしい。第1も第2もヴァイオリンは30数ページ、コントラバスはどうやら20ページ台、他の楽器は・・・、やめておこう。だいたいそもそも楽譜以前にチェロは持ち運びが大変だ。
それなら他の楽器がいいですか?と聞かれたら、やっぱりどう考えてもチェロだ。この交響曲でもいい音域で旋律が弾けるし、格好いいところもいっぱいあるし、中声部もあるし対旋律もあるし(この役割が難しい)、和声を支えるバスも弾く。バスを弾く充実感にはこたえられないものがある。旋律かバスか、と聞かれたら、それは困る質問だ。

明日は池袋の東京芸術劇場へ。

« 様々な白鳥 | トップページ | »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)
  • (2017.02.27)
  • (2016.12.15)