« | トップページ | »

2013年1月29日 (火)

少しだけさらってからライカ銀座店、セイケトミオさんの写真展「Light in Monochrome 」へ。モノクロ画像しか撮れないデジタルカメラ(!)で撮影された写真が展示されている。

それから映画「塀の中のジュリアス・シーザー」を観た。
http://heinonakano-c.com/
刑務所の中がいつの間にか古代ローマのように見えてくるおもしろさがある。出演は本当に服役囚たちなのだろうか、あの表現の強さは俳優では出ないかもしれない。

ところでオーケストラや室内楽のリハーサルをする時、楽譜上のフレーズの移り変わる場所などに練習番号(1とか2とか)、練習記号(AとかBとか)がふってある。
例えば指揮者がこう指示する、Cの3小節前の何の楽器の何が何とかだから何とか、それではCの4小節前から全員で、とかそんな具合だ。その時指揮者が「スィー」と言っているのか「ディー」と言っているのか「イー」と言っているのか全員には聞きとりにくいことがある。その場合例えば、Aなら「アントン」、Eなら「イングランド」、Gなら「グスタフ」、Mなら「モーツァルト」、というようにわかりやすい単語で補足する。

新日フィルにいた時、アルミンクがよく練習記号Cのことを「ツェーザ」、と言っていた。最初「ツェーザ」とは何だ?と思った。しばらくして「シーザー」のことらしいと思い至った。映画「塀の中のジュリアス・シーザー」では「チェーザレ」と発音していたような気がする。外国人がシーザーのことを「シーザー」と発音するのを聞いたことはまだない。

映画館を出てからシャネル・ネクサスホールへ。アンリ・カルティエ・ブレッソンの写真展「こころの眼」。
http://www.chanel-ginza.com/nexushall/2013/hcb/
有名な写真ばかりだった。僕はやっぱりフィルムで撮った写真が好き。

ラボに2軒寄ってフィルムの現像を受け取ってからオペラシティへ。近江楽堂で開かれているヴァイオリンの高田あずみさん高田はるみさんのデュオ・リサイタル。僕たちが普段慣れている音程より半音ほど低い調弦で演奏していた。高田はるみさんは都響の仕事の間にこのピッチでさらっていたのだろうか。初めて聴いたルクレールのソナタは楽しかった。

近江楽堂でチェロソロの演奏会をしたらどうだろう。

« | トップページ | »

音楽」カテゴリの記事