« | トップページ | »

2013年2月11日 (月)

ぐっすり眠り、起きると抜けるような冬の青空。ゆっくり朝のコーヒーを飲みながらこれ以上何がいるだろう、と思った。

それはもちろん僕にだって、暖炉のある家に住みたい、とかリビングから海の見える家に住みたい(昨日放映された「ビフォーアフター」でのお家がまさにこれで、じつに素晴らしかった)、とかポルシェに乗りたい(運転免許を取ることから始めなくちゃ)、とか、おっと忘れてはいけないのは誰もがうらやむような素晴らしいオールドのチェロを弾きたい、などという煩悩はありますよ。

そういう天文学的な物欲は別として、毎日考えていることの一つは、春に行くちょっとした演奏旅行にどんなカメラを持っていくか、という僕にとっての大問題。デジタルカメラを持っていけば何の問題もないのだけれど、どうにも味気ないので本当のところはフィルムのカメラを、そうすると空港のX線検査をどうやってくぐり抜けたらよいのか、とくよくよ考える・・・。

昨日まで忙しく、でも思ったより、というよりほとんど疲れていなくて、ますます楽しいチェロを一日8時間くらいさらうこともできそうだったけれど、やっぱり予定通り今日からしばらくの休み。正月もばたばたしていたし、11月の末から走り続けていたような気がする。右手も左手も革命的な奏法の改善を発見したところでさらうのを休み、頭の中が少し組み変わったところで再び始めよう。

今日であの地震から1年と11ヵ月たった。

« | トップページ | »

音楽」カテゴリの記事