« | トップページ | »

2013年7月30日 (火)

持たない

ラボテイクでフィルムの現像を受け取った後、東京都写真美術館の「世界報道写真展2013」へ。
http://syabi.com/contents/exhibition/index-1862.html
盛況だった。圧倒的な力を持つ写真ばかりで言葉がない。心に残る写真も、へその下に力を入れていないと見られない写真も多数あった。
衣食住があり、さらに毎日チェロを弾いていられるなんてこの上なく恵まれている。

007

ずっと弓の持ち方を考えていた。結論はきっと、弓は持たないということだ。強い音を出す時でも一番負担のかかる右手の人差指が柔らかいままでありたいと思っている。緊張したり興奮したりすると人間の体は硬くなりやすい。力を抜くにも僕には訓練が必要だ。
あるヴァイオリニストが生徒に、左手の指は、弦を押さえる時より離す瞬間が大切と教えたそうだ。素晴らしい演奏家は教えられたり努力したりする前にこういうことが実現できているのかもしれない。

雑誌「図書」8月号、佐藤卓己さんの「『図書』のメディア史(三)」の中で岡本太郎さんの文章が引用されていた。その中から。(同誌1970年10月号 岡本太郎「思想とアクション」)

『サルトルに言ったことがある。「あなたの説には共感するが、あのびっしりと息もつまるほど組み込まれた活字のボリューム。あれを読んでいる間、いったい人は実存しているだろうか。」 彼は奇妙な顔をして私を見かえした。私はいま生きているこの瞬間、全空間に向って、八方に精神と肉体をとび散らしたい。』

001_2

« | トップページ | »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)
  • (2017.02.27)
  • (2016.12.15)