« 驚くほど鳴るチェロが | トップページ | ノリのいい音楽のようだった »

2013年10月 9日 (水)

ネジの釦

今日重野さんに弓の毛替えをしてもらっている時、昨日のカーボン製チェロの話からヴァイオリンのあご当て、弓の毛の張りを調整するネジのボタンの話になった。多くの弓のボタンは銀と黒檀と貝で精巧につくられている。これを黒檀で作ったり象牙で作ったりすると音が違うそうだ。確かに、弓全体のバランスを変えるために毛箱に小さな小さな鉛の粒を貼りつけただけでバランスどころか音まで変わるもの。僕の持っている一番個性的な弓のボタンを作ってもらうよう息子さんにお願いした。できあがりが本当に楽しみ。

« 驚くほど鳴るチェロが | トップページ | ノリのいい音楽のようだった »

楽器のこと」カテゴリの記事