« 何かを伝えるために | トップページ | 砂がさらさらと流れ落ちてしまうように »

2013年10月30日 (水)

祝福すべき

都響にはインバルが来て、今日からマーラーの6番のリハーサルが始まった。午後までぐぎぐぎマーラーを弾いてから、夜はトリフォニーへ。ムーティが指揮する演奏会の一日目。
演奏会の直前、この特別編成のオーケストラのメンバーに子供が産まれた。彼に、二重の意味で忘れられない演奏会になるね、と話をした。

先日、ある素敵な音楽家のとても悲しい知らせがあった。春に会ったばかりだったのに。今でも本番の舞台に立つとそのことを考える。

毎日当たり前のように仕事をしていることが、実は何て幸せなことかと思うし、そして、誰かに子供が産まれたり、誰かが結婚したりすることは本当に祝福すべきこと、と改めて思う

« 何かを伝えるために | トップページ | 砂がさらさらと流れ落ちてしまうように »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)
  • (2017.02.27)
  • (2016.12.15)