« ベートーヴェンが楽譜に記すまで | トップページ | まだまだ、いよいよ »

2013年12月25日 (水)

昨日は東京文化会館に出かける前に、吉祥寺美術館で開かれている「森山大道 モノクローム」展へ。(会期末が迫っている)
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/exhibitioninfo/2013/10/post-115.html
フィルムかデジタルか、という議論をするつもりはないけれど、デジタルカメラで撮られた最近の作品より、フィルムによる昔の作品の方が、びしりとした画面から伝わるものがずっと強かった。今の僕は、新しいデジタルカメラが欲しいという気持ちの、かつてない高まりに連日襲われている(10年前だったら、後先考えずとっくに買っていただろう)。でもこの写真展を見て少し冷めた。ふぅ。

森山大道展の隣には浜口陽三記念室があり、闇に浮かぶ西瓜やさくらんぼの深い赤が素晴らしかった。
このところ音楽の空気しか吸っていなかったから、久しぶりの展覧会も、久しぶりにフィルムのカメラを持ち出せたことも楽しかった。

1320142kujukuri4

第九を弾き終えて帰宅。毎年12月24日深夜はJ-Waveで放送される沢木耕太郎さんの番組を聞く。
http://www.j-wave.co.jp/special/sawaki2013/
明け方4時までの番組は、録音しておいて、途中で眠ってしまう。今年も旅の話が多く、旅への気持ちがますます強くなった。

« ベートーヴェンが楽譜に記すまで | トップページ | まだまだ、いよいよ »

映画・展覧会」カテゴリの記事

  • (2017.11.11)
  • (2017.10.26)
  • (2017.07.30)
  • (2017.05.03)
  • (2017.04.20)