« 果汁が滴り落ちる柑橘類のように | トップページ | 星空が見えるような »

2013年12月 7日 (土)

今その1ページ目に

演奏会場に向かう途中、ビルの窓ガラスを清掃するためのゴンドラが、風にあおられて大きく揺れているのを見た。中には二人乗っていて、窓を拭いていた。大変な仕事だ、とても僕にはできそうにない。

001

宇宙服を着た若田光一さんが、半球形をした透明な部分のあるヘルメットを被る姿を見て、うーん、と思ってしまった。あれを被ると、ダースベイダーのように、自分の呼吸する「しゅこー」という音が聞こえそうだ。

僕は高いところも狭いところも苦手。年を重ねる、とは自分の弱さを知っていくことだろうか。

第九の演奏会の後、都響を応援して下さる方々の忘年会に出てから帰宅。コーヒーを飲み、楽器を出した。
僕にとってのチェロ教本があるとしたら、今その1ページ目に立っている。チェロとはこう弾くもの、と初めて教えられた気がする。今すべてが新鮮でわくわくしている。弦を振動させて音を出し、その音で音楽を作っていくことは本当に楽しい。チェロを弾く感覚は、コップの縁を濡らし、その上を指でなぞって音を出す感覚に似ている。

« 果汁が滴り落ちる柑橘類のように | トップページ | 星空が見えるような »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.08.21)
  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)