« 核心に | トップページ | 新しいチェロのケース »

2014年1月24日 (金)

独特の倍音

マリオルッチに弦を買いに行ったら、カーボン製のチェロがすぐ弾ける状態で置いてあり、早速弾かせてもらった。

20140124_115057

意外と良いかも。独特の倍音の出方で楽しく、小ぶりで弾きやすい。しばらく弾いてみたい気がした。音色はどうだろう。駒と魂柱は木製。ふむ、ここは従来どおりということだ。糸巻きの上、通常はうず巻きがあるところには何もない。実はあのうず巻きがあると無いとでは音が大きく違う、と聞いたことがあるのだけれど。
屋外や狭い場所で弾くのにはいいかもしれない。ただ、ひげのおじさんのようなデザイン(僕はけっこう好きだ)の黒いチェロを持っていくと、仕事場によっては怒られるかなぁ。

写真美術館へ。「手仕事のアニメーション」
http://syabi.com/contents/exhibition/movie-2188.html
「つみきのいえ」、「タップ君」、「ゴールデンタイム」、台詞のない3つの短編はいずれも秀作だった。まったく異なる3つの世界に入れて実に楽しかった。今月26日までの上映、お時間とご興味のある方は是非、と申し上げたい。

« 核心に | トップページ | 新しいチェロのケース »

映画・展覧会」カテゴリの記事

  • (2017.11.11)
  • (2017.10.26)
  • (2017.07.30)
  • (2017.05.03)
  • (2017.04.20)

楽器のこと」カテゴリの記事