« 「移動祝祭日」 | トップページ | 想像をふくらませることは »

2014年2月11日 (火)

技巧的なパッセージにも

この冬は本当に寒い。

20140211tokyo

先日見たカザルスのポートレートやモルクの映像が強く印象に残っていて(1月29日の日記をご覧くださいhttp://ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-048f.html)、今も弾く時は彼らの左手を意識する。
写真を見る限り、カザルスは左手指のかなり深いところで弦を押さえていた。指の腹で弦を押さえるのはゆったりとした旋律を弾く時に効果的、と思っていたけれど、もしかして技巧的なパッセージにも実はいいのではないかと思い、チャイコフスキーの小品やアルペジョーネをさらっている。
チェロを弾くのは尽きることがなく楽しい。小さい頃は練習するのが本当に嫌いだった。今はどんなに遊んでも決して飽きることのない、愉快で正直なおもちゃのようだ。

« 「移動祝祭日」 | トップページ | 想像をふくらませることは »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.10.19)
  • (2017.10.04)
  • (2017.08.21)
  • (2017.08.25)
  • (2017.07.11)