« 初めて弾く、は | トップページ | より抽象的で »

2014年3月 7日 (金)

椎名さんの予言

今日の日経新聞になんだかすごい記事が載っていた。「人工食品事業に出資 ゲイツ氏ら著名投資家 大学・ベンチャーを支援」というもの。その記事から、

『肉、卵などの代替品を、先端技術を使って工業的に生産する人工食品ベンチャーへの投資が広がっている。新興国の食料需要増加に着目してビル・ゲイツ氏など著名投資家が相次いで出資。・・・・・
 ・・・・・
 欧米では動物愛護家からの畜産業への批判が高まっており、動物を殺さずに良質のたんぱく源を補給できる人工の代替食品への関心が高まっている。二酸化炭素排出量の18%以上が家畜が原因とする調査もあり、代替品の市場は拡大している。
 もっとも、安全性の確保が欠かせず、食品として販売するには規制当局の認可が必要。モダン・メドーの人工肉も、実用化には10年程度はかかる見通し。コスト面でもなお割高で、普及には課題も多い。』

そして記事には人工食品ベンチャーとその製品が列記されている。

ハンプトン・クリーク・フーズ:植物性原料で卵の味や風味を再現
ビヨンド・ミート:豆や雑穀などから代替肉を生産
モダン・メドー:細胞片から肉を生産
ソイレント: 必要な栄養素を全て入れたドリンク
カイト・ヒル:ナッツ由来のチーズを生産
オランダ・マーストリヒト大学:幹細胞から人工肉を生産

椎名誠さんのSFを読んでいると様々な人造食品が出てくるけれど、それは見事な予言だったと言うべきか。

« 初めて弾く、は | トップページ | より抽象的で »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

  • (2017.09.03)
  • (2017.07.09)
  • (2017.06.30)
  • (2017.05.03)
  • (2017.03.27)